その存在は知っていた。数年前から『ゴルゴ13』とコラボしたオイルサーディンが販売されているということを。信頼できる情報筋によると、2018年にゴルゴ13の連載50周年を記念して、「はごろも & キングオスカー オイルサーディン」とコラボレーションしていたそうだ。

まさかギフトボックスを販売していたとは。気になったので購入してみたところ、このギフトボックスの底には意外すぎるヒミツが隠されていた。まさかそんなところに!?

・ボックスの形状がいい

ギフトボックスには3缶のゴルゴサーディンが入っている。作品をイメージさせる黒塗りになっているになっているだけではなく、持ち手がついている。コレがとても素晴らしい。もし仮に、スーツ姿でコレを運ばないといけない場面に出くわした時でも、オイルサーディンの運び屋だとは誰も気づかないだろう。


「あれ? あの人、ライフルを持ってるのかな?」くらいの感想を抱く程度で、きっと素通りしていくに違いない。


何を隠そう、オイルサーディンなんだよ。コレは……


本当に驚くのはこれからだ。中にはデザイン違いのパッケージのオイルサーディンが並んでいる。こんな形でデューク東郷と顔を合わせることになるとは……。作中で、超A級スナイパーとして活躍した男が缶詰のパッケージに。時代は変わったというべきだろうか。ある意味、50年の時の重さを感じる。


「あんたも変わっちまったんだな」そんなことをつぶやきながら、缶を全部取り出すと……。


無言でこっち見てる~~~!!!!


・寡黙な食レポ

おお怖! さすが東郷、油断できない。あのまなざしを向けられたことで、寡黙な男の生きザマを思い出した。ということで、寡黙な食レポと行きたいと思う。


「……」


「……」


「……」



「……」


「……」


「……」


「……」


ちなみに私のこの日のネクタイが、ルパン三世生誕50周年記念のものだったのは、東郷に内緒だ……。


参照元:信頼できる情報筋(PR TIMES
Report:ゴルゴ12(佐藤英典