現在NHKで放送されている大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀。ドラマの放送開始と共に、先日紹介した「明智藪」のような歴史スポットにも注目が集まりつつある。

そんななか、今回は「武将めし」なるものを求めて光秀のお膝元である亀岡へ。なんでも彼が食べていたであろう食事を再現したメニューらしいのだが……いったい戦国武将ってどんな食事をしていたの!?

・光秀のまち亀岡

美濃や近江と並ぶ、光秀ゆかりの地として知られる亀岡(京都府亀岡市)。今回の目的地は、JR亀岡駅から3キロほど北へ行ったところにある家庭料理の店「へき亭」だ。ここで件の「武将めし」をいただくことができる。

まず敷地に入ると立派な門構えに圧倒される。こちらのお店、実は建物もヒジョ~に価値があるのだが……それについては後ほど詳しく触れることにしよう。

なんといっても「腹が減っては戦ができぬ」というではないか。まさに今日という日にはピッタリの言葉だと思わないかい?

・食べてビックリ、戦国味噌汁

ということで「武将めし(4800円)」を用意していただいた。元々はテレビ番組のロケがお店で行われた際に、「光秀の食事を再現する」という企画メニューとして考案されたものらしい。

今回は店の女将さんに話を伺うことができた。せっかくなので、いろいろ教えてもらいながら味わうことにしよう。

まず何より気になるのが「武将めし」たる所以である。どの料理も美味しそうだが、何をもって光秀の食べていた食事だというのか。女将さんが教えてくれた、「武将めし」の核となるメニューとは……

野生のイノシシ(!)の肉や……


デカイ野菜がゴロゴロ入った……


味噌汁だ!


そう、この味噌汁なのだ。メニューの開発に当たり、お店では光秀や当時の食文化に関わる文献を調べまくったらしい。そのなかで正室である煕子(ひろこ)が、明智家の家臣たちに猪肉や野菜の入った味噌汁を振舞っていたという記述があったそうな。

どの野菜を具にしていたかまで細かく記されており、それを忠実に再現したというわけだ。そして実際に食べてみると、その味には驚いた。

現代の食卓に並ぶ味噌汁とは全く味わいが違うのだ。これは恐らく里芋などのデンプンを含む野菜が大量に入っているからだろう……スープには独特のとろみがあり、そこに猪肉から出る脂が混じり極めて濃厚なテイストになっている。

味噌汁であるにもかかわらず主役級の存在感。光秀よ、こんなウマイもん食ってたのか──。てか現代の味噌汁、ちょっと負けてんぞオイ!

・いろいろ付いてくる

この味噌汁に、光秀自身が好んでいたという猪肉の陶板焼、当時から頻繁に食されていたもち米のおこわ、お店自慢の煮物や揚物一式が加わった膳が「武将めし」の全容だ。一応メニューを全て羅列しておくと、下記のとおり。

具沢山お味噌汁(さっき紹介したやつ)
猪肉の陶板焼(季節により猪以外の肉になる場合あり)
もち米と黒豆のおこわ
旬菜盛合せ
へき亭鉢(野菜の煮物)
鶏の五色あられ揚げ
みそ豆
切干大根
香の物
デザート(この日は抹茶アイスでした)

どのメニューも万遍なく味は良かったが、特に人参の煮物は尋常じゃなく柔らかくて美味しかった。これは光秀とは関係ないけどね……。

・江戸時代より続く武家屋敷

最初にチラッと触れたが、内も外も非常に歴史を感じる「へき亭」の建物。実はこれ、300年以上の歴史を持つ武家屋敷なのだ。旗本津田藩の代官を務めていた日置(へき)家の屋敷が、そのまま店になっている。

つまり武家屋敷をイメージした建物とかではなく、ありのままの武家屋敷。店内にある火縄銃や甲冑なんかも全て本物だ。この貴重な光景を見るために、遠方から足を運ぶ歴史マニアの人なども多いのだとか。

また時代劇のロケ地としても幾度となく使用されている。そりゃセットで撮るよりも、本物の武家屋敷で撮影した方が雰囲気は出ますものねぇ……。

ここまで読むと何だか敷居の高い店のように思うかもしれないが、お店の雰囲気自体はアットホームな感じ。女将さんは気さくな方で、ロケに来た俳優の誰がカッコ良かったとか、そんな楽しい話も色々してくれた。

「食」を通して歴史を感じてみるという面白い経験が出来る「へき亭」。興味のある人は一度遊びに行ってみてはいかがだろうか?

・今回紹介したお店の情報

店名 へき亭
住所 京都府亀岡市千歳町毘沙門向畑40
時間 12時~14時 / 17時~21時
休日 不定休

参照元:へき亭
Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.

▼こんなに肉が入った味噌汁は他に知らない

▼脂身が多い猪肉だが、味はアッサリしていて食べやすい

▼他にも色々ついてくる

▼よく時代劇に使われる表門と土塀周辺の小道

▼こういう道を歩くシーン、確かに見たことあるかも

Mukobata-40 Chitosecho Bishamon, Kameoka, Kyoto 621-0004 日本