満員電車の街・東京。ギチギチに人が詰まって破裂寸前な車両は東京に住む者ならお馴染みの光景だろう。駅に着いた時には、ところてんの気分を味わえてしまう夢と魔法のアトラクションさ! イマジネーション!! ハハッ

中でも、JR山の手線や京王井の頭線の満員電車は有名だが、実は私(中澤)はどちらの路線沿いにも住んだことがある。そんな満員電車に慣れた私でもロンドンの地下鉄はもう2度と乗りたくない

・日本の満員電車

外国人が山の手線の満員電車を見てビビるというのはもはやテンプレみたいになっている。要はそれほどに日本の満員電車は凄いのだとかそういう話だ。

その話を聞いていて、外国の電車を知らない私も「そうか。やっぱり日本の電車っておかしいくらい満員なのか」と妙に腑に落ちた気分になっていた。実際、その話が説得力を持つくらいはギュウギュウである

・ラッシュ時のロンドンの地下鉄

さて、先日イギリスに行った時の話。半端じゃない移動距離を埋めるために私は電車に乗った。ただの海外旅行だったらあまり乗らないだろうラッシュ時の電車に。したらば……!


ミッキー一匹入る隙間もねェェェエエエ!!

あれ? ここは東京かな? ハハッ♪ そんなデジャヴュも覚えるほどにギュウギュウだ。色んな電車に乗ったのだが、特にロンドンの地下鉄はラッシュ時の山の手線と変わらないくらいに混んでいる。

・車両のサイズ

しかも、車両がめちゃくちゃ小さいではないか。頭のすぐ上に天井がある上、幅も狭い。ちょっと背の高い人なら頭がスレそうなサイズ感である。実際縮こまって乗っているイギリス人も見かけた。縮尺ミスってますよー

そんな小ささと満員電車のダブルパンチでとにかく熱気がヤバイ。息苦しすぎて、4駅くらいの移動だったにもかかわらずヘトヘトになった。これ、東京の満員電車よりエグイわ……。正直、もう2度と乗りたくない。

・遅延とキャンセル

ちなみに、東京の電車は遅延が多いともよく言われるが、列車遅延に関してもイギリスは東京の比ではない。なんなら予定されていた電車がサラッとキャンセルされたりする。最終とか関係なく余裕でキャンセルされるため、日本人感覚で考えるとかなり驚くはずだ。

体力的にもスケジュール的にも、あれで毎日仕事ができているイギリス人は凄い。日本に帰ってきた時、満員電車がちょっとだけマシに感じた私だった。

執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.