日本を代表するアニメーション映画監督・宮崎駿。『天空の城ラピュタ』『千と千尋の神隠し』『風立ちぬ』などなど、アニメ好きを越えて多くの人の心に訴えかける作品の数々は、もはや説明の必要もないだろう。

そんな宮崎駿監督の新作長編アニメーション映画の製作スタッフが募集されている。気になる報酬は……

・君たちはどう生きるか

スタジオジブリが2019年4月15日にサイトに掲載したこの募集は、仕上げ(デジタルペイント)スタッフを若干名募集するもの。「新作長編アニメーション映画制作のため」と書かれているので、制作が発表された『君たちはどう生きるか』のスタッフかと思われる。

・公開は2022年くらいか?

業務開始日は2019年10月1日(希望により応相談)とのこと。契約期間は、新作映画のデジタルペイント業務終了の日までだが、最短でも1年半程度の期間を想定しているという。ということは、スムーズに進むと2022年くらいには公開されるかもしれない

・条件

さて、仕事と言えば気になるのは条件面だが、募集ではそこら辺もハッキリ書かれていた。契約形態が業務委託のため、業務時間こそ応相談となっているが、稼働日は原則として平日月曜日から金曜日。そして、最も気になる報酬は……


月額25万円以上。なお、経験年数やスキルによって優遇されるという。詳細は、サイトでご確認いただけると幸いだ。


クリエイターにとっては世界的な作品に携わるチャンスであるこの募集。いちジブリファンとしても、本当に作品の制作が進んでいるようで何よりだ。このままスムーズに進んでくれることを祈って、宮崎駿監督の新作長編を待ちたい。

参照元:スタジオジブリ
執筆:中澤星児