「いきなり! ステーキ」はステーキのファストフード化を実現した。そして、「焼肉ライク」は1人焼肉専門店として、焼肉のファストフード化を先導している。そのファスト焼肉シーンに、「俺の株式会社」が参戦!

すでに都内3店舗を展開している「俺の焼肉」を東京・神田に新たにオープンした。ランチに行ってみると、1000円で300グラムもの肉を提供しているではないか! これはますます焼肉ファストフード化に拍車がかかりそうだ。

・神田駅西口出てすぐ

お店は、JR神田駅の高架下。駅西口を出て徒歩約10秒の場所にある。2019年4月10日のオープン翌日、お昼の開店時間に行くと数人の行列ができていた。席数85席なので、100人規模の行列が出来ない限りは楽々入店できる。焼肉で席数85は、かなり規模がデカいのではないだろうか。

ランチメニューを見ると、昼間の客単価は結構安い。もっとも高いものでも、1200円。石焼カルビクッパ定食はチョレギサラダ付きで800円(税込)である。


昼からお酒の注文も可能だ。アルコールの種類は豊富で、シャンパンまで用意している。


・内装はシンプル

店内に入ると、席は基本2名がけのテーブル。真ん中のロースターを挟んで、2名が向き合う仕様だ。1名用のカウンター席はない。2階には個室もあるとのこと。


卓上は意外と簡素で、辛口・甘口のタレとレモン汁が置いてあるのみ。設えは全般的にシンプルだ。


箸と手拭きは引き出しの中に収められている。


・1000円で300グラム!

今回注文したのは、俺の焼肉定食(税込1000円)。カルビ・トントロ・ホルモンの3種の肉が300グラム、1000円札1枚でこの量は、結構お得な気がする。これにご飯とスープ、キムチが付く。ご飯とスープはおかわり自由だ。

実際に定食を見ると、悪くない。むしろイイ!



・火力に注意

さっそく焼きにかかると、焼肉ライクを利用した時と同じように、火力の強さが気になった。早く焼けるのは良いのだが、1人焼肉は焼きながら食わないと肉がアッという間に焦げ付いてしまう。


小型のロースターを使用しているせいか、熱のまわりが良く、油断していると焦げ肉を量産してしまうことになりかねないので、少しずつ焼くことをオススメする。


食べてみると、1000円という価格にふさわしい肉だ。めちゃくちゃウマい訳ではないが、サクっと食べるにはちょうど良い。


肉の量に対して、ご飯はやや少なく感じられるので、しっかり食べたいという人はおかわりしよう。


関東に5店舗出店している焼肉ライクに対して、俺の焼肉はこのお店で4店舗目だ。今後ファスト焼肉シーンはさらに過熱していく勢い。令和元年はファスト焼肉流行の予感である。


・今回訪問した店舗の情報

店名 俺の焼肉 神田店
住所 東京都千代田区鍛冶町2-13-8 ルークス神田
営業時間 11:00~14:30、17:00~23:00 土日祝11:00~14:30、17:00~22:00
定休日 不定休

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24