2019年2月21日、東京都町田市の小田急百貨店町田店に、ビックカメラがオープンした。このお店、他の店舗にはない特徴があり、めちゃくちゃ“小田急線している” という。なに? ビックカメラが小田急線しているだと!?

ちょっと言っている意味がわかんないんだけど、実際にお店に行ってみると……めっちゃ小田急線しててびっくり! 小田急線しすぎだろ!

・改札を出たはずなのに電車?

小田急百貨店町田店は、駅に隣接しており、西口の方に行くとすぐのところにエレベーターがある。駅のなかはこれでもか! というほど、ビックカメラのオープンを宣伝している状況だ。


エレベーターの方に向かうと……


あれ? 今電車を降りて改札を出たはずなのに。電車? おかしい……。ジョジョのように、まさか知らない間にスタンド攻撃を受けたのか? 小田急線が止まっている……ように見えるのだが、これか!


ビックカメラが小田急線しているというのはこのことだった!!


ビックカメラ町田店は小田急百貨店の7・8階にあり、そこへ向かうエレベーターの入り口が小田急線をモチーフにしていたのである。ただの装飾とはいえ、この再現度はスゴイ!


・細かい!

3機のエレベーターの入り口を完全に電車の側面にしてしまっている。よく見れば違うのはわかるけど、パッと見たら本当に電車が止まっているのかと錯覚してしまうじゃないか。


わざわざ乗務員室まで作ってしまうこだわりよう。


エレベーターの外観だけでなく、中の壁には電車内の絵が貼ってある。だまし絵みたいでおもしろい!


扉内側には車窓を再現。


この仮想小田急線の行先は、当然ビックカメラ町田店。電光掲示を再現しているところも心憎い。


ビックカメラに用事がなくても、思わずエレベーターに乗ってしまう、大変ユニークな広告だ。こんな広告になら、誘われてもイヤな気がしないから面白い。町田に行く際は、チェックしてみて欲しい。


参考リンク:ビックカメラ町田店
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24