ついに12月21日(金)、ディズニー・アニメーション・スタジオ最新作の映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』が公開される。

アメリカで一足先に公開され、大ヒットを収めている同作のプロデューサーを務めたのはクラーク・スペンサーさん。そのクラークさんにお話を聞ける機会をいただけるということで、今回インタビューしてきたのだが、心臓が飛び出るんじゃないかってくらい緊張した。だって私、超がつくほどのディズニーファンだから!

・『シュガー・ラッシュ:オンライン』とは? クラーク・スペンサーとは?

『シュガー・ラッシュ:オンライン』について簡単に説明すると、今作は2012年公開の映画『シュガー・ラッシュ』の続編で、アーケード・ゲームの世界に暮らす “ラルフ” と “ヴァネロペ” が主人公。ヴァネロペが住むゲーム『シュガー・ラッシュ』を救うため、ふたりがインターネットの世界に飛び込むというのが今作の大まかなストーリーである。

そしてプロデューサーのクラーク・スペンサーさんだが、クラークさんはあの名作『リロ・アンド・スティッチ』や『ズートピア』の製作を務めた敏腕プロデューサーなのだ。そんな人にお会いできるだけでもありがたいのに、インタビューまでできるなんて! 全身全霊をかけて臨んだクラークさんへのインタビュー、ぜひみなさんに読んでいただきたい。

──今日はお時間いただき、ありがとうございます。今作を観て、本当にたくさんの点について感銘を受けました。

「ありがとうございます! そう言ってもらえて、嬉しい限りです」

──今日は、今作を観たときに疑問に思ったことや興味を持ったことについてお聞きしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

「はい、こちらこそよろしくお願いします」

──当サイトの読者のなかには、映画プロデューサーは何をする職業なのかよく知らない人もいると思うので、映画プロデューサーとは何なのかを簡単に説明していただけないでしょうか。

「そうですね、アニメーション映画におけるプロデューサーの役割というのは、監督の頭のなかにあるビジョンをひとつの作品として形にするため、あらゆることを行うことです。ストーリーの案を考えたり、400人以上におよぶ大きなチームを作ったり、製作スケジュールを管理したりと、たくさんのことを行います」

──本当に考えることが多い仕事なんですね。

「そうなんです。映画プロデューサーの最も大変なところは、バランスをとることだと思っています。クリエイターたちの創造力をサポートする一方で、製作スケジュールや製作費といった現実的なことも考えなければいけません。決まった期間と予算のなかで、どのようにしてクリエイターたちの創造力を最大限引き出すか。このバランスについて考えることが大切だと思っています」

──今作にはGoogleやAmazonといった実在する企業が多数出てきます。あまり目立たずに映っているけれど、観る人にぜひ気づいてほしいと思う企業は何かありますか?

「う~ん、それなら “イースターエッグ”(※1)について話した方が良さそうですね!」

※1:ディズニー映画では、他のディズニー映画のキャラクターがチラッと小さく画面に映ることがあり、そういった隠れキャラ的な小ネタをイースターエッグと呼ぶ

──おお! イースターエッグですね!

「映画のさまざまなところにイースターエッグが隠されていて、それを見つけるだけで、とても幸せな気持ちになれます。今作を観る人にも、ぜひ見つけてほしいと思います」

──今作のイースターエッグのなかで、スペンサーさんのお気に入りのイースターエッグは何かありますか?

「お気に入りですか……(熟考)」

──すいません、難しい質問ですよね(汗)

「実はこの作品では、あのスタン・リーさん(※2)がカメオ出演されていまして。スタン・リーさんはアニメーション業界にいる私たち皆に、大きな影響を与えた人物であり、その功績をたたえる意味で、彼が亡くなるずっと前からカメオ出演は決まっていました」

──そうだったんですね。

「スタン・リーさんのカメオ出演を、みなさんに気づいてもらえると嬉しいですね」

※2: 『スパイダーマン』や『アイアンマン』といった数々のスーパーヒーローを生み出したアメリカン・コミックス界の重鎮的人物。2018年11月に95歳で死去。

──今作に登場するインターネットの世界を見たとき「インターネットの世界がもしあるのなら、確かにこういう見た目なのかも!」と感銘を受けたのですが、どのようにしてインターネットの世界を視覚化したのですか?

「それは実に難しい部分でした。なぜならインターネットの世界は実在するものではないので。視覚化するために様々なことを行ったのですが、主に2つのことが視覚化のキーとなりました」

──2つですか?

「はい、まず1つめはリサーチです。初期のインターネットを作り上げたパイオニア的存在の方々とお話しすることができたのですが、彼らは古いウェブサイトのうえに新しいウェブサイトを積み上げる形で、最初の頃のインターネットを作り上げていったようなのです。そこから『インターネットの世界は垂直的である』というアイデアが思い浮かびました」

──あっ! 確かに今作に出てくる世界は、下が古いインターネットの雰囲気になっていて、上に行くほど新しいものになっていますね。 

「そうなんですよ! そして視覚化するうえで大きな役割を果たした2つめのことは “東京” です」

──えっ? 東京!?

「私たちは、インターネットは常にオンラインの人がいる眠らない場所だと考えました、まさに東京のように。東京も高層ビルが立ち並び、垂直的な世界ですよね。そしてたくさんの看板や標識があります。だからこの『シュガー・ラッシュ:オンライン』でもたくさんのロゴや看板が登場するのです」

──まさか東京がそんなインスピレーションを与えていたとは……本当にビックリです。

クラークさんへのインタビューは、まだまだ続く。話題になったディズニープリンセス共演シーンの裏話や、ディズニー声優になるためのアドバイスについても聞いてきたので、次のページでチェックだ!

参考:シュガー・ラッシュ:オンライン
Report:田代大一朗
Photos:(C)2018 Disney / RocketNews24.