世の中には数多くの画像や動画を加工するアプリが存在する。それらのなかで最近ネット上で話題になっているモノを紹介したい。そのアプリ「Olli」は、画像や動画を手描き風にアレンジできる有料アプリ(iOS:240円)だ。

実際に使用してみると、手描き加工がとても自然! しかも、明るさやコントラスト、筆圧まで細かく調節できるのもうれしい。さらには、動画まで手描き風にできてしまう。加工した動画をつなぎ合わせるだけで、簡単に本格的なアニメ風映像に仕上がってしまうのだ!

・軒並み高評価!

このアプリ、実は2017年4月にリリースされたものなのだが、最近になってTwitterで注目を集め、ネット上で高い評価を得ている。AppStoreでの評価も高く、5段階中、4.9の評価を得ている(約740件中)。


・豊富な加工フィルター

早速インストールして使用してみた。起動すると、画面下に3つの項目があることを確認できるはずだ。「CAPTURE」は写真撮影、「STYLES」は加工するスタイルの指定。「LIBRARY」はカメラロールを意味している。


最初に加工スタイルを選ぼう。水彩画の色合いを再現した「CEL」や、ポップアート調の「METRO」、青を基調とした「POOL」、黄色を基調とした「HEAT」などデフォルトで8種のフィルターを使用できる。それらの中で俄然話題になっているのは、モノクロの加工フィルター「SALT」だ


・影や筆圧などの微調整

フィルターを選択したら、CAPTUREで写真撮影を行ってもいいし、LIBRARYから画像や動画を読み込んでもいい。


加工する画像を選択したら、明るさ(Brightness)・コントラスト(Contrast)・影の深さ(Shading)・ディテール(Detail)・筆圧(Line Weight)などを好みの具合に微調整する。


SALTフィルターで実際に画像を加工し、明るさや筆圧などを調節してみると、なかなか雰囲気のある画像に仕上がった。筆圧の調節具合によって、自然な手描き感を再現することができる


また、明るさや影を調節するば、同じフィルターでもまったく異なる画像に仕上げることができるのだ。


水彩画風の画像の雰囲気もとても良い。


・動画の加工もスゴイ!

このアプリの優れた点は、画像だけでなく動画にもフィルターを適用できるところだ。


残念ながら動画の尺を調節する以外、明るさやコントラストなどの微調整はできない。それでも加工した動画の出来栄えはなかなかのものだ。フィルター加工しただけで、オリジナルアニメの完成! ちなみに本稿で紹介しているGIFアニメは、アプリで加工した動画を、改めてGIFファイルに変換したものである。



・かなり使える!

加工した動画をつなぎ合わせれば、ちょっと本格的なPV風動画を作り上げることができるだろう。これはなかなか使えるアプリ! 240円の価値はあるぞ。ちなみにアプリ内では、複数の加工を含むフィルターをパック販売している。いくつかのフィルターを試して、もっといろいろやってみたい! という人はチェックしてみてくれ。これはなかなか使える画像加工アプリだ。

参照元:AppStore「Olli by Tinrocket
Report:佐藤英典
Screenshot:iOS

▼加工した動画をつないで、音楽をのせるとかなり雰囲気が出る