ルノアールは100以上ある店舗のうち、一部が独立した資本で事業を行うボランタリーチェーンだ。そのなかでもJR恵比寿駅の店舗は、大塚店神田淡路町店とは違った、ちょっと特殊な経営をしている。

何が特殊かというと、恵比寿駅の東と西にそれぞれ1店舗ずつあり、どちらもボランタリーチェーンなのである。今回は恵比寿の東口の店舗について紹介したいと思う。私(佐藤)はこのお店に少々思い入れがあるのだ。

・50席、全席喫煙可

お店は東口を出て徒歩3分のところにある。アールのついたガラス張りのお店で、店内に喫煙・禁煙の区分はない。そう、全席喫煙可能である。入店すると、スタッフは「全席喫煙ですけど、よろしいですか?」と申し訳なさそうに尋ねてくる。もちろん、私は全然OK!

昔はどこの喫茶店でも普通にたばこを吸うことができたのに、近年は分煙。お店によっては完全禁煙にシフトしてしまった。それが喫茶店なのか? と言いたいところだが、時勢を考えるとそれも止む無しと言ったところか……。


・3日間の居候

そういえば、上京したての頃、ほんの3日間だけこの界隈にいたことがある。居住予定だったシェアハウスが3日後に空く。その間、私は後輩のアパートにお世話になっていた。木造築の古い長屋で、風呂トイレ共同。彼の部屋は三畳一間。そこにせんべい布団が敷いてあった。今思えば、呆れるほど古臭く、かび臭く、汚い部屋だった。しかし、そんなところにでも居場所があるだけで、随分助かったと記憶している。


彼と1度だけここのルノアールに来たはずだ。当時はメニューにナンとカレーがあったはず


今ではなくなってしまったらしい。その名残のようにキーマカレー スパゲッティー(900円)というのがある。できればカレーがあるなら、せめてカレーライスを出して欲しかったが、メニューにご飯ものはなかった。残念……。


・ゴーヤとヤーコンのジュース

訪ねたのは昼時だったが、腹は減っておらず、飲み物だけで済ませることにした。メニューを見ると、さすが独立店舗。他のお店にはない名前を見つけることができる。

健康ジュース? いわゆる野菜ジュースのことだろうか。前はこんなのあったっけな?


ゴーヤ・ヤーコン(650円)、アロエグレープフルーツ(650円)、ブルーベリー & クランベリー(650円)。どれも気になる組み合わせだ。何となく冒険する気持ちで、ゴーヤ・ヤーコンを頼んでみた。ゴーヤをミキサーにかけるのか? きっと苦いと思うんだけど、身体に良さそう。実物を見ると、そこまで毒々しい感じではない。匂いも苦い? と思ったら、野菜の青臭い感じもない。


飲んでみると、苦いどころかむしろ甘いじゃないか。それもかなり柔らかく優しい甘さだ。おそらく、ゴーヤはアクセント程度でしか使われていないのかも。メインはあくまでヤーコン。強いて言えば、かなり濃いナシのジュースを飲んでいるのに近い味わいである。


・また会えるかな

後輩のアパートは、ここから10分歩いたところにある。今、訪ねようにも道順を忘れてしまった。そもそもあのアパートはまだあるのだろうか? 一時消息不明になったアイツは地元に帰ったと聞いている。元気にしているだろうか。お互い元気ならまたきっと会える。元気でいてくれれば、それでいい。私は健康ジュースをすすりながら、窓の向こうの景色を見た。

・今回訪問した店舗の情報

店名 ルノアール 恵比寿東口店
住所 東京都渋谷区恵比寿1-13-10 恵比寿壱番館1F
営業時間 8:00~23:00
席数 50席(全喫煙)

Report:ルノアール評論家 佐藤英典
Photo:Rocketnews24