最近では、競い合うように食品メーカーから変わり種のカップ麺が発売されている。売れ行きが心配になるものまであるが、怖いもの見たさのような心境で買ってしまうのもまた事実である。

そして本日10月15日、東洋水産から「MARUCHAN QTTA ハンバーガー味」と「同フライドチキン味(ともに税抜180円)」が新たに発売された。なんと、同時に2種類も……。これまた気になってしまうなぁ。ということで、実食だー!

・ハンバーガーの味ではない

パッケージ外観は実にシンプルだ。ハンバーガー味の方にはバンズの絵が、フライドチキン味の方にはチキンの絵がフタにプリントされている。パッケージの時点で、ジャンキー感がハンパない。

まあ、とにかくお湯を投入しよう! と思ってフタを開けたらハンバーガー味の方、マヨネーズの匂いがすごい! お湯を入れる前なのに結構な香りがするぞ! フライドチキン味の方はそこまで強い香りではないな。

さて、3分経ったのでいただくぞ。まずはハンバーガー味から食べてみよう。よーくかき混ぜてから、どれどれ、お味は……

うーん……。正直に言うと、ハンバーガーではないかな。どちらかと言えばピザの味に近い気がする。匂いもどことなくピザのそれに近い。

かやくの肉は、まあ、言われてみればパティかなという感じだ。とにかく全体的に味が濃いので、30歳オーバーの記者にはちょっとこたえるな。

・こちらもフライドチキンの味ではない

続いてはフライドチキン味を実食だ。ハンバーガー味がイマイチだったので挽回を期待しよう。それでは、いただきます!

んー……。これもフライドチキンではないかな。というか、カップヌードルのしょうゆ味に近いぞ。味の濃いカップヌードルみたいだ。しかし、これはこれで美味しいかもしれないな。

かやくに関しては、フライドチキンの衣だけ食べているような感じだ。これはハンバーガー味の方に軍配が上がるだろう。

どちらも麺は平打ち。スープにはとろみがあるので麺とよく絡んでくれるぞ。先述したが、味は濃いめなので「カップ麺をガッツリ食べたい」という人は高い満足度を得られるかもしれない。

子供や学生など、若い世代にとってはこれくらいパンチの効いたフレーバーの方がいいかもしれないな。ともあれ、食後にはマジで「はぁ~、くった~」となったので、名前負けしていないことは確かだ。

参考リンク:東洋水産株式会社
Report:石井陽太
Photo:Rocketnews24.