夏になるとよく話題になるのが、中国の海水浴場だ。日本ではあまり馴染みがないものの、日焼け対策で愛用されている「顔面ビキニ」がかなり強烈。肌の露出を抑えるために、頭の先からスッポリと被るこのアイテム、控えめに言っても怪しい……。

実はコレ、日本でも手に入れることができるのだ。とはいえ、気になるのは「日焼け対策という名目であれば、被って街をウロついても問題ないのだろうか?」という点である。どうなのだろう? 考えてもわからないので、お巡りさんに聞いてみた!

・3枚購入

今回購入した商品は「フェイスキニ」である。顔用日焼け防止マスクで、男女兼用のフリーサイズ。それを3枚買ってみた。価格は1枚1396円。


無地のモノもあったのだが、街の視線を釘づけにしたい! という思いから、ちょっと派手目なモノを3枚選んだ。


・それぞれのデザインを紹介!

まずは、マスクの上に星々の煌めきをあしらったような「デザインA」。着用するだけで、ちょっと大人の装いを感じさせてくれる。


続いては、華やかな色合いとエレガントな幾何学模様がステキな「デザインB」。コレを被って街を歩けば、みんなが振り返るに違いない。


最後は、マリンブルー地を魚たちの可愛いイラストで埋め尽くした「デザインC」。遊び心あふれるデザインが愛らしさを強調している一品。海水浴にかぶって行けば、たちまち人気者になるだろう。


この3枚のうち、私(佐藤)は「デザインBが自分に似合っている」と確信したので、さっそく被って出かけてみることにした。


一歩外に出てみると……


実によく街にとけ込んで……


ない!


どう見ても不審者じゃないかッ!!


これはマズイ……!!


街にこんなヤツがいるのを見かけたら、私だって間違いなく通報するぞ。「お巡りさん! この人です!!」って。だからもし今パトカーが通りかかったら、秒速で職質を受ける羽目になってもおかしくない。

・こちらから聞きに行く

それならいっそ、こちらから迎えに行こう。ということで、交番へと向かった。コレを着用して街に出て大丈夫かどうかを確かめよう。もちろん、マスクは外して……


・お巡りさんに聞いてみた

さて、交番に行き、このアイテムの用途を詳しく説明した。その上で、「コレを着けてお店に行くとマズイですかねえ~……」と尋ねると……


お巡りさん「そうですね、通報されるかもしれませんねえ~」


と、教えてくれたぞ。続けて「街を歩くだけなら大丈夫ですか?」と尋ねたところ……


お巡りさん「それもやめた方がいいかもしれませんねえ~」



──とのことだった。という訳で、日焼け対策とはいえ顔面ビキニを着けて街を歩くと不審者と思われる可能性があるので、着用するなら海やプールだけにしておいた方が良さそうだ。

参考リンク:楽天市場「オレンジマミー
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24