コスプレイヤーのなかには “自分” という殻を脱ぎ捨て、別人になれるからコスプレにハマっている人が多いように思うが、その変身ぶりにも限界がありそうだ。

ところが、そんなリミットを無視して “コスプレ街道” をブッチ切りで爆進する青年がいる。以前にもロケットニュースで取り上げた彼が、さらに進化を遂げているというので紹介したい。その二次元と三次元を行き来するかような七変化ぶりがヤヴァすぎると、ネットが騒然となっているようだぞ!

・コスプレイヤーの進化っぷりがヤヴァい!

A post shared by J Stryker (@strykerkun) on

その七変化ぶりでネットの話題をさらっているのは、10年以上もコスプレを続けているというジョナサン・ストライカーさんだ。

自称オタクの彼は日本のアニメや漫画、ゲームが大好きで、以前ロケットニュースで取り上げた時には、ディズニーアニメと日本の漫画キャラクターに扮した彼を中心に紹介した。あれから1年も経っていないというのに彼の進化はとどまる所を知らないと見え、そのマジなコスプレ魂が煮えたぎっているようなのだ。

・もう次元を超えている!

A post shared by J Stryker (@strykerkun) on

例えば、米アニメ『American Dad』に登場するエイリアンのロジャーのコスプレなど、まるで「特殊効果を使ったのか!?」と思ってしまうような出来栄え!

膨らんだお腹は室内装飾用フォームを使って制作し、はがせる塗料「プラスチックディップ」で色を塗って仕上げたのだとか。彼はInstagramの投稿に「かなり挑戦的なコスプレだった」とコメントしていることから、常に新たな試みにチャレンジしている様子。

A post shared by J Stryker (@strykerkun) on

同じく米アニメ『シンプソンズ』のキャラクター、ミスター・バーンズも、あのピノキオのように長い鼻が完璧に再現されていて、二次元から三次元に甦ったようで怖いくらいである。

・二次元と三次元を行き来するコスプレイヤー

A post shared by J Stryker (@strykerkun) on

そして、米アニメ『Archer』の主人公アーチャーはメイクをフル活用して、今度は三次元から二次元にワープしてしまったかのよう!

明らかに、ストライカーさんのメイクの腕前も小道具制作の能力も物スゴい勢いでアップしている模様で、そのコスプレに対するコミットぶりがマジでハンパない!

ストライカーさんの情熱がヒシヒシと伝わってくるコスプレには感動すら覚えるほど。きっと今後も信じられないような進化を遂げそうである。

参照元:Instagram @strykerkun
執筆:Nekolas

▼映画『アリス・イン・ワンダーランド』のマッドハッター。そのまま映画から抜け出したみたい!

A post shared by J Stryker (@strykerkun) on

▼米アニメ『フューチュラマ』のキャラクター。ハリウッドで特殊メイクアップの仕事ができそう!

A post shared by J Stryker (@strykerkun) on

▼映画『シザーハンズ』のエドワード。ハサミの出来栄えが超立派!

A post shared by J Stryker (@strykerkun) on

▼撮影の舞台裏もチラっと披露

A post shared by J Stryker (@strykerkun) on

▼米アニメ『スポンジ・ボブ』のイカルド。二次元から三次元へ!

A post shared by J Stryker (@strykerkun) on

▼『Archie』のコスプレは三次元から二次元にワープしたみたい!

A post shared by J Stryker (@strykerkun) on