世界中で大ヒットを飛ばしている『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』。本作にもチラっと姿を見せていたジェダイ・マスターのヨーダは出生地が謎とされており、その点についてシリーズの生みの親であるジョージ・ルーカスは触れていない。

そんな謎が多いヨーダが「ハワイ生まれだ」と説く大学教授が現れ、話題になっているというので紹介することにしたい。強力なフォースを操るヨーダが、のんびりしたリゾート地で知られるハワイ出身だとは想像し難いのだが……一体どういうことなのだろうか!?

・ヨーダはハワイ出身だった!?


英エンタメ情報サイト『NME』によると、「ヨーダはハワイ生まれ」だと主張しているのは、ロンドン大学クイーン・メアリーで教鞭を執るデヴィッド・アドガー言語学教授だ。

彼いわく、チューバッカやイウォークなど他のクリーチャーは出身地の惑星の言葉でコミュニケーションを取るが、ヨーダは英語を話す。英語はヨーダの第2言語だろうと述べる教授は、「第2言語の操り方は母国語の影響を受けるため、どのようにヨーダが英語を話すかで彼の出身地が分かる」と説いているのだ。

・ハワイ語の影響を受けた英語を話している?

例えば、よくヨーダは「The greatest teacher, failure is:最大の師は失敗じゃ」というように、述語を主語の前に持ってくる話し方をする。本来なら「Failure is the greatest teacher」が正しいのだが、ヨーダが話す英語の構成はハワイ語とほぼ同じだというのだ。

・ビーチで日光浴をしているヨーダは想像できない……

確かに英語と日本語も文法の構成がほぼ真逆なため、筆者も英語を話す時は頭をフル回転させなければならず、アレコレと何かを説明する時などに頭が混乱してしまうこともある。そのような個人的体験を考えると、母国語が第2言語に影響する説は見当違いではない気もする。

とはいえ、ビーチで日光浴をしたり海水浴を楽しむヨーダは想像したくないような……。だが、強力なフォースを使ってエネルギーを消費したら、のんびりとビーチで過ごしてリラックス出来るし、そう考えたらハワイは最高の場所だと言えそうだ。

・ヨーダの名前は日本の名字に影響を受けていた!?

ちなみに、ヨーダの名前は日本の名字「よだ」に由来しているとの説もある。オビ=ワン・ケノービの “オビ” は着物の帯から取られ、オビ=ワンが着ている服は柔道着がモデルになっているというのは有名な話。ジョージ・ルーカスがシリーズのキャラクターを生み出す時に、日本の文化に影響を受けたのかもしれない。

参照元:Facebook @Star WarsNME(英語)
執筆:Nekolas