今日はカレーを食いたい気分だな。でもガパオやカオマンガイなどのタイ料理も食いたい。どっちを食うべきか? どっちか選べねえええ! っていう優柔不断な方に朗報!! 東京・麹町にタイ料理とインドカレーを同時に楽しめるお店「アジアンスマイル」がオープンした。

ここは、グリーンカレーとパッタイを同時に注文できる。バターチキンカレーとヤムウンセンを同時に注文できる! タイとインドがフュージョンした、夢の飲食店であるッ!! そんなお店で流れていた音楽が……意外なものだった!

・オープンしたばかり

お店は、東京メトロ麹町駅の4番出口に直結した麹町クリスタルシティ東館の地下1階にある。2017年10月11日にオープンしたばかりなのに、お昼はすでに行列ができる人気ぶりだ。

タイとインドのフュージョン店舗。券売機のメニューを見てみると、どちらかといえばタイ料理が多め。インド人の料理人よりも、タイ人の料理人の方が多いのだろうか? そうすると、やっぱりタイ人の意見の方が通りやすかったりするんだろうか? 想像はつきないのだが、私(佐藤)は欲張りなので、2種盛りセット(980円)を注文することにした。

これは、ご飯メニューのなかから好きなものを2種類選べるそうだ。タイ + タイでもいいだろうし、インド + インドでもいいだろう。だが、せっかくなので、タイ(カオマンガイ) + インド(キーマカレー)をチョイスした。


・タイ料理とインド料理を同時に

この日は割と混み合っていて、注文してから出てくるまでに15分程度かかった。まだオープンしたばかりなので、ひょっとしたらスタッフが十分に慣れていないのかも。そうこうしていると、タイとインドが手を取り合った、素敵なランチが来た!


ご飯の山を境にして、右がカオマンガイ、左がキーマカレー。そして食べる私は日本人。食の国際交流じゃないか!

キーマカレーはかなりマイルド。日本人向けの優しい味付け。しかし一口食べれば気分はインドだ。タイ米で食べるインドカレーも、なかなかオツというもの。


・店内BGMはまさかの……

そしてご飯の右サイドには、分厚い蒸鶏が横たわっている。

甘辛いタレをかけて、大口で頬張れば、その美味しさに思わず「コップンカー(ありがとう)」と言いたくなってしまう。

ちなみ店内に流れている音楽は、タイのものでもインドのものではない。では一体何が流れているかというと、80年代のハードロックだ。なぜこの音楽なのか? 不思議でたまらないのだが、店の陽気な雰囲気にはピッタリ来ている。

そして、厨房にはやたら声が高くて大きい元気なスタッフがいるので、その人の挨拶も聞き逃しなく!

・今回紹介した店舗の情報

店名 アジアンスマイル 麹町店
住所 東京都千代田区麹町4-8-1 クリスタルシティB1
営業時間 11:00~15:30、17:00~21:00
定休日 日・祝日

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ありそうでなかった、タイ料理もインドカレーも食える店

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on