大阪は何かと食文化が豊か。記者の出身である福岡も負けちゃいないと思うのだが、それでも時折「やられた!」と感じさせられる。今回紹介する『浪花そば』の「新大阪そば」というメニューもそんな一品だ。

こちらのそばは、所謂(いわゆる)そば粉を使ったものではない。小麦から作られた、黄色い中華麺が主役だ。その上、使われている出汁は “和風出汁” 。ありそうでなかったこの組み合わせ……うん、悪くないぜ! 

・店員さんも元気いっぱいな浪花そば

浪花そばは、立ち食いそばとして大阪市内を中心に親しまれているようだ。記者が足を運んだ新大阪駅構内にある店舗は新しく、立ち食いスペースと共に座ることができる席も用意されていたぞ。それではさっそく、件の「新大阪そば」を注文だ。

新大阪そばの中にも、数種類あったのだが、一番スタンダードかつ人気であると言う牛肉入り(470円)を頼んでみた。入り口で注文内容を店員さんに伝えると、元気よくマイクを使って厨房に注文を飛ばしてくれるのも関西っぽくエネルギッシュで楽しい。そんな店内を眺めているうちに、ものの数分で黄色いそばが出てきた。

・コショウとの相性よし

中華麺の中でも、若干太めの部類に入るだろうか。食べ応えのあるしっかりとした麺は、主張が半端ない! 和風出汁にこの麺が合うのか、いささか不安ではあったが一口食べてみると……これがビックリなんのその。まるで中華麺のために作られたかのごとく、和風出汁との相性がぴったりではないか! やられた!!

また、テーブルの上には、七味のほかコショウが置いてある。うん……中華麺ならコショウだな! てことで、ふりかけてみたら驚くほど相性が抜群だ。しかも、トッピングである牛肉もボリュームたっぷり。それでワンコインでお釣りがくるあたり、さすが食の都・大阪としか言いようがなかった。

余談だが、記者が学生時代にバイトをしていた某寺では、お昼ご飯にうどんかそばを食べることができたのだが、時折、料理長の気分で中華麺に変更可能だった。場所は京都だが、あれも関西の文化だったのだろうか。とにかく、新大阪そばがおいしいことは変わらない。ぜひとも大阪にお越しの際は、中華麺を使ったそばを試してほしい。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 浪花そば
住所 大阪府大阪市淀川区西中島5丁目16番1号(JR新大阪駅 在来線改札内)
時間 6:30〜23:00
休日 無休

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

▼中華麺を使った浪花そばの「新大阪そば」

▼新大阪そばにも数種類あるよ

▼記者が食べたのは牛肉入り

▼マジで麺が黄色い

▼出汁は和風出汁

▼お……おいしい

▼具だくさんだよ

▼大阪に行った際には試してみてね

▼新大阪駅構内には立ち食いと座ることができるスペースがある