lukabest5

スパ(Supa)! ルカだ。ライオンに1勝したこともあるマサイ族の戦士・ルカだ。ちなみに副業はロケットニュース24専属のライターで、かっこよく言えば「ケニア特派員」てな感じだな。とにかく今年のオレは、記者として、多くの情報を発信した。

ざっと数えてみたところ……今年だけで43記事! もしかしたら、マイ・ブラザーのゴー(羽鳥)よりも多いんじゃないかな? そのなかでも、特にオレが自信をもってオススメしたい5つの記事をピックアップしてみたい。オレが選んだベスト5はコレだ!!

第5位:マサイ族の家のドアが小さいのには2つの深い意味がある

entrance
まずは、読んだ誰しもが心温まるであろう「感謝」をテーマにした記事を選んでみた。オレたちは、いつも何かに感謝している。生きてることにも感謝するし、水が飲めることにも感謝。もう毎日が大感謝祭だ。日本のみんなも “あたりまえ” だと思っていることに、もっと感謝した方がいいと思うぞ。ちなみにマサイ通信の第19回な。

第4位:オレの弟(戦士)がライオン殺しの罪で悪徳警官に逮捕されてブタ箱に送り込まれたけど金を払って救出した

thelastmaasaiwarrior

オレは戦士だ。常に武器を携帯しているウォリアー(Warrior)だ。そして、君たちはサムライの末裔だ。刀は持っていなくとも、男だったらサムライなんだ。この記事のテーマは、ずばり「戦士」だ。かの有名な映画『ラスト・サムライ』を観てからこの記事を読むと、オレが何を言いたいのかが分かるはず。誇りだけは失うなよ。

第3位:ケニアの僻地で『ポケモンGO』をプレイする時の注意点 「歩きスマホしてたら国境を越えてタンザニアに入ってしまう恐れがある」

pokemon

いちはやく時事ネタに対応するのがロケットニュース24のモットーだ。記者1年目のオレだって、編集長のゴーからネタフリされたら必死の思いで食らいつく。なぜなら原稿料がほしいからな! オレの役割はゴーの質問に答えること。ウソ偽り無く、そのまま普通にチャットで会話するだけで、あとはゴーがなんとかしてくれるんだ。

第2位:マサイ族のスマホ充電事情 / 10キロ先に住む太陽男「ソーラーマン」が約34円でフル満にしてくれる

we-have-the-person-with-solar-solar-man

この記事でみんなに気付いて欲しいのは2つある。まずはやっぱり「感謝」だな。水はもちろん、電気があるってことは、実はとんでもなく幸せなんだぜ? あとは「デマとか適当な情報に騙されるな」ってこと。本人が言ってることを、まずは信じろってこと。それと「知ったかぶったりすんじゃねえ」ってこと。みっともねえからさ。

第1位:言いにくいことはマー語で伝えろ 「Kanyorr oleng」

lukawithsp

この記事、内容的にはどうってことない。でも、記事のカラクリが実にキザだ。「月が綺麗ですね」くらいにオシャレだから、どんどん活用してほしいと思っている。でもよ、いきなり意中の人に「カンヤーオレン」って言っても「は?」って言われるかもしれんから、まずは『マサイ通信』をオススメしておくのがハッピーだ。

lukamini

……思えば、今年一発目の記事は福袋だった。応募してくれた人、ありがとう! でも、ゴーが今年はケニアに来れなかったから、スマヌが福袋も来年に持ち越しだ。またあらためて来年早々、福袋希望者を募ろうと思っているよ。そんじゃな、オレセリ!!

Report:ルカ(マサイ族)
意訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → 「みんなの私的ベスト2016」、「マサイ通信