RHCP

容姿端麗な人は頭が良くないとか性格が悪いだとか、‟天は二物を与えず” とは良く言われることだが、稀に才色兼備な人もいるものだ。

そんな、代表格のような女性がいるので紹介したい。彼女は、‟世界一セクシーな女性” に選出されたこともある美人女優なのだが、この度、人気ロックバンド、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(以下レッチリ)の新曲PVを監督! その仕上がりが、アート性が高くて最高にカッコいいのである!!

・世界一セクシーな女性がレッチリのPVを監督!

2016年6月17日に発売された、レッチリのニューアルバム『The Getaway』からのファーストシングル『Dark Necessities』。そのPVを監督しているのが、米美人女優オリヴィア・ワイルドだ。彼女は、2009年に米男性誌『Maxism』が選ぶ「世界一セクシーな女性トップ100」でナンバーワンの座に輝き、数々の大ヒット映画やドラマシリーズに出演しているトップ女優である。

個人的にも、アメリカ人らしからぬヨーロピアンな雰囲気が漂い、「洗練された美しさが際立つオリヴィアは、メチャクチャきれいだよなあ~」と思っていた。

・ダークなトーンながらも躍動感あふれるPVが超カッコいい!!

『Dark Necessities』のPVは、屋内で演奏するレッチリのメンバーと、ロングボードを巧みに操りながら、ロサンゼルスのストリートをめぐる若者の姿が同時に映し出される。

バンドの激しいギターとベースのリフに合わせるかのように、ロングボーダーのスピード感ある動きが絶妙にマッチしていている。ダークなトーンながらも躍動感あふれる冴えた演出が、最高にクールなのだ!!

・オリヴィアがPVを監督するのは2度目!

言われなければ、‟女性が監督した” という印象は受けない仕上がりである。また、ロングボーダーがコケるシーンや彼らの傷跡も生々しく、ストリートを愛する若者の ‟ロウ(生)” な感覚もビシビシと伝わって来る。

オリヴィアが、ロックバンドのPVを監督するのはこれで2度目で、以前にエドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズのPV『No Love Like Yours』でも、メガホンを取っている。

どういう経緯で、彼女が、レッチリのPVを監督することになったのか気になるところだ。美しいだけではないオリヴィアに監督の才能があることは明らかなので、近い将来、彼女がドラマシリーズや映画を監督する日も近いかもしれない。

参照元:YouTubeIndie Wire(英語)
執筆:Nekolas

▼オリヴィアが監督したレッチリの『Dark Necessities』のPV

▼「世界一セクシーな女性」に選出されたこともあるオリヴィア

▼エドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズのPV『No Love Like Yours』

▼レッチリのアンソニーと記念撮影