IMG_2005top

日本時間の2015年12月18日18時30分。ついに映画『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』が公開された。そしてつい先ほど映画を見終えた、スター・ウォーズ大好きっ子である筆者が、高ぶるフォースを身にまとったまま超高速レビューをお届けしたい。

結論からいえば……『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』はマジで最高だった! そして悲しすぎた!! 詳細は映画を楽しみにしている人のため記述しないが、見て後悔することはない!! というか何回も観るべきッ!! なんなら、もうエピソード8が待ち切れないッ!!!!!!!

・超満員の劇場

映画の公開日が決定してから、首をロングにして待ちに待ったこの日。ついにその時はやってきた。筆者が出かけた都内の某映画館は超満員のお客さんで埋め尽くされ、ムンムンとした熱気の中、歴史の針は動き出したのだ……!

実は映画公開前、監督がスター・ウォーズの生みの親、ジョージ・ルーカスからJ・J・エイブラムスに交代したり、ルーカスフィルムがディズニーに買収されてから初のスター・ウォーズ作品であったりと、一部からは「フォースの覚醒大丈夫かよ?」という声もあった。

・レイの存在感がヤバい

だが心配ご無用。今作もこれまでのスター・ウォーズ同様、完全にスター・ウォーズの世界観が守られているから、従来のスター・ウォーズファンは間違いなく楽しめる……どころか息も出来ないほどに夢中になってしまうことだろう。

エピソード4~6に登場した懐かしのキャラクターの存在感はもちろんのこと、今作から登場の主人公レイやフィンも見事にスター・ウォーズの世界観に溶け込んでいた。特にレイの存在感は抜群で、筆者は劇中一度だけ、レイのシーンで泣いてしまった。

・伝説が幕を開けた

そして今作はエピソード9までの序章であり、映画を見終わっても謎はまだまだ多い。大いなる血縁関係の一部は明かされるものの、後は謎の方が多いくらいである。また、決して痛快なストーリーではなく、エピソード5「帝国の逆襲」くらいの悲しさがあったことだけは記述しておこう。

とにもかくにも、「スター・ウォーズ / フォースの覚醒」がスター・ウォーズファンの期待を裏切ることは無いと断言する。シリーズを1度も観たことが無い人は、そのまま見るよりもこれまでの6作品を鑑賞してからの劇場行きをオススメしたい。新たなる伝説の幕が開けた。

参考リンク:スター・ウォーズ / フォースの覚醒
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼レイのシーンで泣いてしまった。観て後悔することはないから、絶対に劇場へ行ってくれよな!

お恥ずかしながら泣いてしまいました。

A post shared by P.K.サンジュン (@p.k.sanjun) on