「火の国」熊本を代表する人気観光スポットといえば阿蘇である。世界最大級のカルデラや、火山エネルギーを利用した温泉などが有名だが、最近ネットを中心に注目を集めているのが『ラピュタの道』だという。筆者は知らなかったが、観光協会への問い合わせの数もハンパじゃないらしい。

どうやら、スタジオジブリの名作『天空の城ラピュタ』の世界に迷い込んだかのような、あまりにもファンタジックで美しい景色が広がっているというのだが……調べていてもキリがないので実際に現地に行ってみたぞ。道順などもレポートするので参考にしていただきたい。

・阿蘇市道狩尾幹線

ラピュタの道「阿蘇市道狩尾幹線」は、県道149号から「ミルクロード」と呼ばれる県道339号に至る約6キロの道路のことである。もともとは牧草などを運ぶための農道だったが、その美しすぎる景観から「阿蘇ラピュタの道」とか「天空の道」と呼ばれるようになったそうだ。

また、早朝には雲海が見られることでも有名で、1本のラピュタの道が雲の中へと伸びて見える様子は、幻想的すぎてわけがわからないレベルだという。

たとえ雲海が見られなくても、春から夏にかけては新緑が美しく、秋には黄金色に輝くススキの絨毯が広がっているので、天気さえ良ければ十分に絶景を楽しむことができるようだ。

・かぶと岩展望所を目指そう

気になるアクセスは、車ならナビで「かぶと岩展望所」と入力しよう。ミルクロード沿いなので見つけやすい。また、ここのトイレは24時間利用可能なので、夜のうちに駐車場に到着して早朝の雲海を狙うのもアリだ。

展望所からは、車で赤水方面へ10分ほど下っていくと、左手に目印である「小さいお地蔵さん」を見つけることができる。すぐそこに駐車スペースがあるので、通行の邪魔にならないように車を停めよう。

ここから歩けば、すぐに絶景ポイントにたどり着く。「名物 ラピュタの道」と書いてある石がかわいいが、雄大すぎる景色の迫力は確かにハンパじゃない。

筆者が訪れた日は風が死ぬほど強く、雲が猛烈なスピードで流れていたので雲海は1ミリも見られなかった……それでも瞬間ごとに表情を変える絶景は美しく、いつまでも目が離せないでいたのだ。スーパー寒かったけど来てよかった

・大観峰展望台もオススメ

また、ミルクロードを運転していると「大観峰」の看板を見つけることができるだろう。大観峰は阿蘇五岳を一望できるビュースポットとして有名だが、この展望台からも「天空へと続く道」を見ることができる。新鮮な空気も思いっきり吸えるのでリフレッシュにもオススメだ。

どこを見ても美しい風景が広がる阿蘇は、一年中観光を楽しむことができる。機会があれば、ぜひ一度 訪れてみてはいかがだろうか。温泉も気持ちいいし、家族や恋人、友人同士でも きっと最高の思い出を作ることができるに違いない。

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

▼お地蔵さんが目印だ

▼注意

▼この先が絶景ポイントだ

▼ラピュタの道



▼迫力がハンパじゃない

▼大観峰からの景色も最高だ