以前の記事でご紹介した、極貧のアイドルユニット「アリス十番」を覚えていらっしゃるでしょうか。取材当時(2012年3月)、彼女たちはメンバー8人合わせても所持金はたったの5000円でした。壊れた靴を履き続けたり、おなかを満たすためにドッグフードを食べたり。本当に涙ぐましい努力を続けてきました。

その努力の甲斐あってか、なんと秋葉原に常設劇場をオープンすることに! しかもAKB48の常設劇場(AKB劇場)を超える規模の最大収容人員400名! 音響・照明設備もオール新品! はたして彼女たちはここを埋めることができるのでしょうか? 維持をしていくのは厳しいような……、ちょっと心配になってしまいます。

劇場は、2012年11月22日にオープンする「パセラリゾーツAKIBAマルチエンターテインメント」の7階(ライブスペース『P.A.R.M.S』(パームス))になります。12月23日にプレオープンを行い、12月31日にカウントダウンイベントを行った後に、毎日ステージを繰り広げることになります。

出演は彼女たちを筆頭に、所属事務所「アリスプロジェクト」の面々。今まで公園で練習したり、足場の不十分なステージでパフォーマンスを行ってきた彼女たち。メディア向けの初ライブで、真新しいライブスペースに感動していました。メンバーの月村麗華さんは、喜び余って涙を流していたほどです。

しかしその反面、400名のキャパにプレッシャーを感じているのも事実。「劇場を持つ」ことはひとつのゴールであったかもしれません。そのゴールに到達して終わりではなく、すでに新たなスタートを切っているようです。

わずか一年足らずで劇場を持つにいたるとは、彼女たち自身想像していなかったのかもしれません。とにかくオープンした暁には、毎日が闘いになることでしょう。それにしても、どうして事務所はここまでの高いハードルを用意したのでしょうか……。事務所社長を捕まえて、小一時間問い詰めたい……。

レポート:フードクイーン・佐藤
Photo:Rocketnews24
取材協力:アリスプロジェクト

▼ 最大収容人員400名のホール

▼ 二階に照明・音響のコンソール

▼ 立派なバーカウンターが備えられています

▼ メディア向けのお披露目でアリスプロジェクトのアイドルユニット、「OZ」と「スチームガールズ」もパフォーマンス(写真はスチームガールズ)

▼ 苦労と努力を重ねてきた「アリス十番」