2月9日は「肉の日」。それにちなんで、キッチンオリジンはテレビ東京の番組のメニューとコラボした「肉の城壁」の販売を開始した。そのジュニアサイズは以前の記事を参照していただくとして、今回紹介するのは通常サイズだ。

この商品は2日前までの予約が必須で、販売価格税別6290円、総重量5キロ。あえて言うなら「カロリーの暴力」。オリジンの戦力を結集したような商品だ! 肉の量がハンパねぇええええ!!!!

・持ち帰るのも、ひと苦労

私(佐藤)が予約したのは、キッチンオリジンの新宿靖国通り店。購入当日の朝に、丁寧に確認の電話がかかって来た。私自身、ちゃんと予約できたのか心配だったので、電話をもらって助かった。よし、肉の城壁を持って帰るぞ~!


受け取り時間は13時。ちょうど混み合う時間と重なってしまったので、店内でしばし待つことに。


入店から約15分経過して会計を済ませ、ようやく受け取ることができた。購入価格は6290円+税。私がオリジンでもっとも高い買い物をした瞬間でもある。5000円以上をオリジンで使う日がくるとは……。


お待たせしました。これが肉の城壁です!


デケ---! さすが重量5キロ、約10人前の商品だけある。


・持ち帰りが大変……

お店からの帰り道が過酷だった。当編集部まで徒歩で片道約10分。手ぶらで歩けば何でもない道のりだけど、5キロの弁当(?)を持って歩くのは意外と辛かった……。


信号待ちのわずかな時間さえ苦痛に感じる。重い、腕がだるい……。


早く帰ろう、急いで帰ろう。まずい、ウ〇コしたくなってきた(汗)


はあ~、やっとついた。これ弁当のテイクアウトじゃないよね。ちょっとした筋トレですやん……。


・これは肉の要塞だ

袋から取り出すと、視界に入るモノが全部茶色い! 焼き物と揚げ物が大集結してる!! 


フタを開けたら、カロリーの香りで部屋中が満たされた。もはや、「肉の城壁」というよりも「肉の要塞」である。強い、見た目がとても強い!


ど真ん中には牛焼き肉約3食分。


から揚げ10個。


チキン竜田3枚。


キャベツメンチカツ3枚。


エビフライ5本、ハンバーグ3枚。


タルタルチキン南蛮3枚。


チーズチキンカツ3枚。


トータルで1万2000キロカロリーオーバー。正気の沙汰とは思えない!! まるで噴火前の火山でも見ている気分だよ。エネルギーがほとばしっている。


・俺丼にすべし

この「爆食の遊園地」を堪能するには、ご飯をどんぶりに盛って、好きなものを乗せるのが1番良いだろう。ということで、器に盛り替えて「俺丼」を作ってみた。ご飯の上に牛焼肉・チキン南蛮・ハンバーグ・チーズチキン・チキン竜田・エビフライをトッピング。数も量もすごいことになったな。


ウヒョー! 美味そう!!


ああ~、幸せ。罪深いカロリーの味がするぞ。


ふと思ったんだけど、チキン、多すぎない? そういえば、とんかつも入ってたはずなのに、とんかつ乗ってなかった気がする。は! もしかして、ジュニアサイズの肉の城壁と同じように “隠し玉” として仕込んでいるのでは!? ジュニアはたしか、ご飯の下にハンバーグが入っていた。ってことは……


いたーーーっ! ご飯の下にとんかつ!! しかも3枚も埋蔵してやがる!


まさかこんな形でとんかつを発見するとは。通常カツ丼はご飯の上にとんかつが乗っているものだ。ご飯の下にとんかつ……。斬新すぎる盛り付けと言わざるを得ない。


という訳で、規格外の量を盛りつけた肉の城壁は、とにかくハンパな量ではなかった。くれぐれも食べすぎに注意して欲しい。そして繰り返すが、2日前までの予約が必要なので、その点にもご注意を。

参照元:キッチンオリジン
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24