過去にも「ばかうけ」や「柿の種」などさまざまなお菓子とコラボし、守備範囲の広さを見せつけているモスバーガーだが、このたびグミ業界にまで進出。UHA味覚糖とタッグを組んで、グミでハンバーガーが作れる「つむモスグミ」が誕生した。

かみしめると肉汁があふれるバーガー味のグミ……ではなく、再現したのはそのビジュアル。積み上げることで可愛い形状になるように開発されたグミで「あなただけのオリジナルバーガーが作れます」とのこと。見ているとモスが食べたくなる仕上がりになっているぞ。


・全国のセブン‐イレブンで先行販売中

商品は8月8日から全国のセブン‐イレブンで先行販売中なのだが……税抜384円とお菓子にしてはちょっとお高め。それもそのはず180gの大容量で、手に持つとずっしり重いビッグサイズだ。1人用サイズのグミが並ぶコンビニでは、なかなかの存在感。

開封すると、バンズ、トマト、パティ、レタスの形をした4種類のグミが入っている。

厚めの輪切りトマトがモスっぽい。よ〜く見るとトマトには種のつぶつぶがあるし、レタスには葉脈があるよ。さらにバンズはトップにくる丸っこい形と、ボトムにくる平べったいのがある!

なぜかパッケージでは「バンズ?」「トマト?」と自信なさげにこちらに尋ねてくるのだが、そのつもりで作ったんだろうから間違いなかろうよ。見た目だけじゃなくフレーバーも異なり、オレンジ、ストロベリー、コーラ、マスカットだ。

積み上げると……モスバーガーのできあがり!


レタス2枚で具材を挟むと「モスの菜摘(なつみ)」だ!


ただ、ただ、惜しむらくは「チーズ」がないこと! モスチーズが作れない。もう1色、イエローのグミがあればかなりバリエーションが広がったと思う。

せっかくだから、夢のタワーバーガーを作っちゃおうかな。とにかく肉を食べたいからレタスはちょっとでいい。肉、トマト、肉、トマト、肉……

どうだ!!


ああっ!


あ〜あ……


グミはぷっくりした形状で、粘着力も強くないので積み上げるのは結構難しい。食べ物で遊ぶのはやめなさい、という声が聞こえてきそうだけれど、パッケージにも「どれだけ積めるかな??」と書いてある。公式推奨だ。


・モスの店舗でも追って販売

シゲキックスやコグミを出しているUHAだから、味は文句なしに美味しい。硬くてかみ応えのある、いかにもグミらしい食感だ。

商品はセブン‐イレブンですでに販売しているほか、追って8月20日からはモスバーガーの店舗でも販売(参考価格:税抜380円)するぞ。パッケージも「モスバーガー」バージョンと「とびきりトマト&レタス」バージョンの2種類あるから探してみて。ハンバーガーのおともにぜひどうぞ!


参考リンク:モスフードサービス
Report:冨樫さや
Photo:RocketNews24.