やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! いよいよ、いよいよ、いよいよ祭りが始まったゾォォォオオオオ!! そう、本日2019年8月6日から『ポケモンGOフェスタ横浜』が開始となった。会場は早くも熱気に包まれているが、やはり気になるのが「どんなポケモンが出現しているのか?」だろう。

そこでロケットニュース24では、いち早く3会場に出現するポケモン情報をお届けするぞ。ズバリ、イベント参加者は必見だ。

・全会場で出現するポケモンは同じ

「臨海パーク」「赤レンガパーク」「山下公園」の合計3会場で開催される『ポケモンGOフェスタ横浜』。今年のイベントを一言で表すと “色違い祭り” となっており、各会場の各エリアには決まったポケモンが出現している。

先述の通り、会場は3つの公園に分かれているが、出現するポケモンは全て同じ。とても重要なことなので繰り返すが、出現するポケモンは全て同じ、だ。つまり、臨海パークでスタートした場合、他の公園に移動する必要はなく1日中臨海パークでプレイすればOKということ。参加者は絶対に覚えておいて欲しい。

さて、いよいよ出現するポケモンの発表である。調査の結果、どの公園も3つのエリアに分かれており、それぞれ以下のポケモンが出現していた。

・氷のエリア

ニューラ、アローラロコン、アローラサンド、パウワウ、ユキワラシ、イノムー、タマザラシ、ユキカブリなど

・空のエリア

フワンテ、タツベイ、エアームド、ネイティ、ヤミカラス、ヤンヤンマ、ミツハニー、オニスズメ、チルット、など

・海のエリア

ホエルコ、ブイゼル、オムナイト、ラブカス、ニョロモ、ケイコウオ、マリル、コダック、カブト、タッツー、パールル、ミニリュウ、ヒンバス、など

・全域

ペラップ、ピカチュウ、イーブイ、クラブ、ハスボー、ミノムッチ(すな)、アンノーン

ご覧の通り、出現するポケモンのうち8割くらいは色違いが実装済みだ。ただし、会場が思ったよりも広くないため、エリアごとに出現するポケモンがやや曖昧な印象もある。とはいえ、まずはお目当てのポケモンに特攻するのがいいだろう。

なお、シカゴやドルトムントにあった「トレードゾーン」は確認できなかった。イベント参会者は特別な交換が5回まで、ほしのすな半分でできるが、交換相手は自力で見つけるしかなさそうだ。初見で図鑑に登録されていない色違いポケモンを、ほしのすな50万でトレードできるぞ。

とにもかくにも、いよいよ始まったポケモンGOフェスタ横浜。明日以降参戦するトレーナーは、どこにどのポケモンが出現するかをよくよく確認して作戦を立てていただきたい。それではトレーナー諸君の健闘を祈る!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)
Photo:©2017 Niantic, Inc. ©2017 Pokémon. ©1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

▼最新情報はTwitterをチェックしてくれよな!