「しゃぶしゃぶに牛肉は不要。豚肉も不要。……『不要』というのはちょっと言い過ぎだとしても、牛肉と豚肉の存在ゆえに、しゃぶしゃぶのポテンシャルを見誤っていたのは間違いない。エースと4番の凄さに目を奪われて、チームとしての強さに気づかないように……」

──という気持ちになったのは、私が1080円の「しゃぶしゃぶ」を食べ終わったあとのこと。そのしゃぶしゃぶには、牛肉が無い。豚肉も無い。メインは鶏肉。だからこそ1080円(税抜)と安いのだが、安いからイマイチかというと……そんなことは全然無かったのである。

・ランチタイムの1080円しゃぶしゃぶ食べ放題

まず最初に、基本的な情報をお伝えしておこう。私が1080円のしゃぶしゃぶをどこで食べたのかと言うと、「MKレストラン」というお店。こちらは、しゃぶしゃぶや飲茶などを提供するチェーン店で、九州を中心に店舗展開している。

東京では、新宿・池袋・渋谷・御徒町に店舗があるようで、その1つ「新宿店」の前を私が通りかかったとき、「しゃぶしゃぶ1080円」の張り紙を偶然見つけた。

どうやらランチタイム(11時〜15時)のみのサービスのようだが、制限時間60分で1080円は安い。

ちなみに、あとで店員さんに聞いたり、電話で問い合わせた情報をまとめると「ランチタイムでの鶏しゃぶしゃぶ1080円(税抜)は東京の他の店舗でも実施しているが、九州・広島の店舗では価格が980円(税抜)になる」とのことであった。

・全ての食材を味わうために

さて、お店に入り、注文するのはもちろん1080円のしゃぶしゃぶ食べ放題。このとき、プラス何円かで牛肉やら何やらをプラスできるという情報に心がまったく動かされなかったと言えば、ウソになる。

実際、「牛も豚も欲しいなぁ」と思ったのは事実なのだが、食べ終わったときには「鶏だけで十分」と心の底から思った。なぜなら……「鶏以外にも食べるものがいっぱいあるから」という点に尽きる。

たとえば、野菜やら、餃子やら、豆腐やら、餅的なものやら、締めのうどんやら……。加えて、もちろん鶏。鶏といっても もも肉・胸肉以外に、つくね的なのも数種類用意されている。

実のところ、これら全てを60分で味わうだけでもハードルが高い。仮に90分あったとしても、味わい尽くすのはなかなか難しいのではないか。「なんとか全種類食べた」というのが精一杯で、味わうまでには至らない人が多いはず。

にもかかわらず、ここにもし牛肉やら豚肉があったら……絶対に牛・豚ばかり注文しまくる人が続出するはずだ。私も過去に何度も経験があるぞ。牛肉に目を奪われているうちにお腹いっぱいになり、いくつかの食材を1度も注文できなかったことが。

おっと! 重要なことを言い忘れていたが、私はいま「自分と同じく、1人で鍋やしゃぶしゃぶを食べる人」を対象に書いている。「鍋やしゃぶしゃぶは友達と一緒に食べる〜♪」という人は、牛でも豚でも好きなものを頼むがいいだろう。勝手にしてくれ。

まあとにかく、何が言いたいかというと「チェーン店のしゃぶしゃぶ食べ放題はメイン以外にも色々なものが食べ放題になっていることが多いから、(1人で食べるなら)牛や豚にそんなにこだわらなくてもいいんじゃない? むしろ、牛や豚がない方が他の食材を存分に味わえるよ」ということ。


たとえば、代表選手である鶏肉。牛肉に比べたら、派手さでは劣るかもしれないが……


実は打撃(味)がすげー良いんだから!



コンパクトな振りで確実にミートしてくる感じというか。しかも、牛肉ほどアクが少ないから、チーム(他の食材)との調和という点でも好影響なんだから!


それを言えば鶏のつくねなんて……


チームの雰囲気(ダシ)を盛り上げる力、ハンパないんだから! いつも声出してるって、あいつ!



あと、野菜軍団だって……


すげー守備(栄養)してるんだから! ピンチを救うだけじゃなく、雰囲気(ダシ)も良くしてくれるって!




エビワンタンや蒸し餃子だって……


隠れた打撃巧者なんだから! 代打にしておくにはもったいない実力者だって!



そして言うまでもないけど、うどんなんて……


完璧に締めてくれるクローザーなんだから! 安定感抜群だって!



これら以外にも色々あって……

どれだけ食べても税別1080円!


つまるところ、鶏のしゃぶしゃぶ食べ放題は……

チーム力(コスパ)としては最高なんだから!


<完>

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 MKレストラン 新宿店
住所 東京都新宿区新宿3丁目13-3新宿文化ビル3階
時間 11:00〜23:00(ランチタイム11:00〜15:00)

参考リンク:MKレストラン
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ → 「チェーン店の1人鍋ぜんぶ食う

▼ちなみに、タレはポン酢やゴマダレなど4種類が用意されており……

▼タレは2種類から選べる仕組みで……

▼オリジナル、チゲ、豆乳、すきやきの4種類が用意されている。球団の設備も良い感じ!

▼鶏のつくねだけでも数種類あるから、チームの雰囲気(ダシ)も良くなるというもの

▼ワンタンなどの打撃巧者軍団もずらり。代打の層も厚い!

▼悪い流れ(満腹感)を一発で断ち切ってくれるリリーフ陣も充実!

▼クローザーは、うどんの他に春雨・ご飯・バミー麺の4枚看板。贅沢すぎる布陣!

▼余談だが、GIFだと素早く見えるけれども……

▼通常の再生速度で動画で見たら、動きが遅すぎてビビった