来たる11月22日は「いい夫婦の日」だそうだ。現在すでに結婚している人も、過去には別の交際相手がいたかもしれない。あるいは、初めて付き合った人と結婚した人もいるかもしれない。まさに人生いろいろ、である。

そんな「結婚」に関する興味深い調査結果が発表されたのでお伝えしよう。婚約指輪・結婚指輪の比較サイト『ufufu』によると、既婚者の約半数が交際〇〇人までに結婚しているらしいのだ! さあ、あなたはこの結果に当てはまるだろうか?

・結婚前に何人と付き合った?

「今まで何人と付き合った?」という質問への答えは、おそらく人によってだいぶ異なると思う。中学高校の頃から遊びに遊びまくってきたエリートリア充もいれば、恋愛に奥手で長いこと相手がいなかった非リアもいるはずだ。

今回、『ufufu』が20代~60代の既婚男女1000人に対して結婚までの交際人数などの調査を行ったところ、意外な事実が明らかになったぞ。なんと、52.6%の人が交際して3人目までに結婚しているというのだ!

・3人目までが過半数

もっとも多かったのが「3人目」と答えた人で21.9%。次が「2人目」で16.1%。続いて「6人目」が14.7%、「1人目」が14.6%と僅差で並び、もっとも少なかったのは「覚えていない」で9.1%という結果になった。

上記の割合を合わせると、半数以上(52.6%)の人が交際して3人目までに結婚に至っていることが分かる。あなたはこの数字について、多いと思うだろうか? それとも少ないと思うだろうか?

・出会いは〇〇

さらにもう一つ、興味深い調査結果が出ているのでご覧いただこう。ズバリ、現在の配偶者との出会いのきっかけである。そのトップ5を見ると、20代~30代、40代~50代、60代以上の男女すべてで「職場」が1位になっているのだ。

他には20代~30代で「SNS」が入っていたり、40代以上で「お見合い」が入っていたりと世代によって若干の違いが見て取れるものの、いつの時代も職場には出会いが多いということか。独身の社会人にとっては、いくぶん希望が持てる結果である。

・今の相手は何人目?

これまで付き合ってきた人数によって、何かが変わるというワケではない。しかし、結婚を考え始める年齢になると、こういうデータはちょっと気になるものだ。もし今の相手があなたにとって交際3人目だとしたら、その人が未来の結婚相手……なのかもしれない。

参照元:ufufu
執筆:あひるねこ

▼その他の調査結果はこちら。現在の結婚生活に満足してる?

▼満足な点・不満足な点

▼初恋の相手との現在の関係は?

▼真剣に交際する期間