みんな肉が大好きだ。男女問わずに大好きだ。ここ数年の肉ブームは男性だけではなく女性にも支持されたからこそ、これだけ長く続いているのだろう。そう考えると「男は肉が好き、女は野菜が好き」なんて考えは、もはや古い考えなのかもしれない。だがしかし……。

今回ご紹介する肉グルメは、ハッキリ言って男向き……ガッチガチの野郎メシである。その野郎メシとは、二郎インスパイア系のラーメン店として知られる「立川マシマシ」の究極の肉メニュー、その名も『デラックスマシライス肉マシマシ』だ。

・一口でトリコになるマシライス

立川マシマシは「マシライス」で有名なラーメン店である。マシライスとは、背脂とひき肉をニンニクで味付けした “特製のあん” をライスにぶっかけたこの上なくご飯がススムくんの料理のことで「一口でトリコになる」と以前の記事でもご紹介した。

そんなマシライスが進化し、新マシライスが誕生しているという。すでに完成していたと思われていたマシライスが……進化しただと? これは男の代表として是が非でも食さねばなるまい……!

というわけでやって来たのは、2015年に御茶ノ水にオープンした「立川マシマシ5号店」である。今回は平日の昼に足を運んだが当然のように行列が出来ており、その全員が男性であった。うむ、これは期待通りのガッチガチの野郎メシにあり付けそうだ。

・肉もマシマシ

注文したのはデラックスマシライス(850円)で、そこに肉マシマシ(380円)を追加した。つまり『デラックスマシライス肉マシマシ』である。

ご飯の量は並で350グラム、マシを食べ切ったことがある2回目以降のお客さんならば、マシとマシマシに増量することが可能だ。なおマシマシの場合、ご飯の量は700グラムとなっている。今回はおとなしく並の350グラムでお願いした。

・肉の暴力

待つこと数分でやって来た『デラックスマシライス肉マシマシ』は、見た瞬間に「ウマい」と確信する圧倒的なビジュアル。マシライスとデラックスの違いは、ひき肉ではなく豚バラが使用されていることで、極厚チャーシュー2枚と相まって “肉の暴力” とでも言いたくなる程の迫力を兼ね備えている。

さっそく食べてみると、う、うう、ウンマァァァァァッァアアアア! 爆ウンマママッマママママママア!! てか想像以上にニンニクギンギンやないかッ!! ビタビタのニンニクと塩分濃いめの豚ばら肉が白メシと合わないハズがなく、驚異のスピードでご飯が減っていく。

さらにはトロリと脂がのったチャーシューも激ウマ! ブリンブリンやで!! ……ぶっちゃけ途中で胃が苦しくなってきたが、紅ショウガと追いニンニクで味変を楽しみつつ、きっちりと『デラックスマシライス肉マシマシ』を完食した。とんでもなくウマかったが、白米をマシ以上にする勇気は……ない。

もちろん女性が食べても美味しいことは間違いないが、強烈なにんにくに戸惑う可能性は大である。やはりマシライスは野郎に似合う食べ物だ。マジで中毒性がヤバいから、興味がある勇者たちは覚悟を決めて店に足を運ぶように! 本気で禁断症状が出かねないぞ。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 立川マシマシ5号店
住所 東京都千代田区神田駿河台2-4-10
時間 ランチ11:00~15:00 / ディナー17:00~23:00
休日 日曜日

Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼ブリンブリンのチャーシューが激ウマ。

▼ただし、量も脂も結構胃に来るので、紅ショウガ・追いにんにく・スープで味変しながら楽しもう。


▼完食! でも俺の胃ではマシ以上を食べきれる気がしない……。

▼これは「肉の暴力」といっていいでしょう。あー、今すぐ食べに行きたい。