img_8094

青い食べ物といえば、ブルーハワイ……かき氷のブルーハワイくらいしか思い浮かばない。合成着色料をバリバリ使用した外国産のお菓子や、スター・ウォーズのようなSFの世界ならまだしも、きっと「青い食べ物」と聞いてブルーハワイ以外に思い浮かぶ人はあまり多くは無いだろう。だがしかし……。

東京スカイツリーからほど近い、本所吾妻橋のラーメン店『吉法師(きっぽうし)』にはスープが青いラーメン、その名も『鶏清湯 青』なるメニューが存在する。ぶっちゃけ全く美味しそうに見えないが、味は “超” が付くほどの絶品! おそらく地球上に存在する中で「最もウマい青い料理」なのだ。

・鶏白湯ラーメンが有名なお店

都営浅草線・本所吾妻橋から徒歩2分ほど、東京スカイツリーからでも徒歩10分弱のところに店を構えている吉法師。基本的には鶏白湯スープをメインとする、オシャレかつ上品な味わいが人気のラーメン店だ。

img_8129

その吉法師が開発した新メニューが『鶏清湯 青』で、その名の通りスープが真っ青なラーメンである。正直、青いラーメンなど食欲が湧かない……というか「未来感が悪い方向に出てないか?」とも思ったが、青いラーメンを食べる機会などそうそう無いので吉法師まで足を運ぶことにした。

・青についての説明が……

カフェ風の明るい店内は、いかにも今風のラーメン店である。もちろん注文したのは『鶏清湯 青』(税込900円)だ。店内のメニューには『鶏清湯 青』はこう記されていた。

「中国料理の技法 “掃湯” により鶏白湯スープから濁りを取り除き、出汁を加えた清湯スープ。澄んだ色とは裏腹に、濃厚な旨味が凝縮。特製鶏チャーシューと塩玉子入り」

img_8084

どうやら、こだわりのスープであることは間違いないようだが、肝心の “青” については一言も触れられていない……おっかねえ。「やっぱり他のメニューにすれば良かったかも」と震えながら待っていると、5分ほどで『鶏清湯 青』が運ばれてきた。

img_8091

・信号の青のような青

そのスープは……うむ、青い。スカイブルーというよりは信号の青的な青だが、グリーンではなく紛れもない青である。だって目に優しくないもの。もっと言えば毒々しいもの。内心「うはー! やっちまったなぁ!!」と思いつつスープからいただいてみると……。

img_8114

え……ウソでしょ? メチャメチャおいしいんですけどーーー! 口当たりはサラリとしつつも、鶏の旨味が凝縮されたスープは単なる絶品! ……超ウマい!! なんならスープと白米だけでもガツガツいけそうな、ド級に美味しいスープである! こんなに青いのにィィィイイイイ!!

・青いのに激ウマ

プツプツと歯切れのいい細麺との相性もバッチリで、鶏チャーシューと塩玉子も文句なしのウマさであった。……これはブルーハワイを凌ぐ、地球上で最高にウマい青い料理に認定する! 見た目はむしろ最悪だけど、味は最高やッたで!!

img_8118

というわけで、地球上で最もウマい青い料理「吉法師」の『鶏清湯 青』が気になる人は、ぜひ一度出かけてみてはいかがだろうか。先述のように東京スカイツリーからも徒歩圏内なので、スカイツリーついでに足を伸ばすのもアリだろう。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 吉法師
住所 東京都墨田区吾妻橋3-1-17 吾妻橋ハイム 101
時間 11:30~15:00 / 17:00~22:00
休日 水曜日

Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼チャーシュー丼(300円)も美味しかった。
img_8121

▼ビビるほど青いが、味は間違いないぞ!