firstclass1

映画を愛する人にとって、鑑賞する環境はとっても重要なはずです。まして映画館であれば、作品世界にどっぷりと浸りたくなるのではないでしょうか。

極上の鑑賞環境を提供してくれるのが「ファーストクラスシネマ」です。ここは放映時間を待つ間、ラウンジで無料の軽食をとることができます。さらに劇場のシートは、ほぼフルフラットのリクライニング。つまり、寝転がったような状態で映画を観ることが可能なのですよ!

・趣向をこらした15のスクリーン
この劇場は、タイ・バンコクの商業施設内にある映画館「SF WORLD CINEMA」にあります。映画館には15のスクリーンが設けられており、家族向け劇場や3D上映に特化した劇場など、趣向をこらした鑑賞環境を提供しています。

・値段は意外とリーズナブル
ファーストクラスというだけあって、値段は高いのでは? と思いきや、日本の劇場の料金とあまり変わりません。700バーツ(約2400円)です。とは言ってもタイの相場からすると、かなり割高。だって、通常のスクリーンであれば、120バーツ(約410円)で観れちゃいますから。

・ラウンジには無料の軽食
上映時間を待つ間、専用のラウンジで軽食をとることができます。すべて無料で食べ放題。肉や魚、ご飯などはありませんが、可愛らしいケーキやフルーツで小腹を満たすことができます。ちなみに劇場のシートにつくとドリンク一杯とポップコーンがついてきます。当然これらも無料。

・シートが素晴らしい
何よりもスゴイのが劇場のシート。ふかふかで座り心地がよく、リクライニングでほぼフルフラットになるのです。フットレストも水平になるので、寝転んでいるような状態になります。これが本当に気持ちいい。スクリーンで映画を観ているはずなのに、おうちでごろ寝している気分です。

・絶対に忘れてはいけないこと
劇場が最高だからと言って、絶対に忘れてはいけないことがあります。それは、タイの国王を賞賛する「国王賛歌」が上映前に、必ず流れます。この劇場に限ったことではありません。これが流れているときには、直立不動の姿勢をとらなければならないのです。うっかり気分よくなって、寝転がっていると「不敬罪」で逮捕される可能性もあるのだとか。映画の本編が始まるまでは、絶対に気を抜かないでください。

とにかくファーストクラスシネマは、映画ファンにとって天国のようなところでしょう。

Report:フードクイーン・佐藤

▼ ファーストクラスシネマのラウンジ。ホテルの高級ラウンジのようfirstclass2

▼ ここで軽食をとることができますfirstclass3

firstclass4
firstclass5
firstclass6

▼ 天井にはゴージャスな照明firstclass7

▼ これが場内のリクライニングシート。ほぼフルフラットになるので、ごろ寝状態になりますfirstclass8

▼ ちなみにチケットは航空券みたいfirstclass9