東海テレビの情報番組『ぴーかんテレビ』で、「怪しいお米セシウムさん」という間違ったテロップを表示してしまった問題で、同局は8月5日午前の放送を休止した。

東海テレビは、『ぴーかんテレビ』の放送が開始される9時55分に「お詫びとご報告」(約2分30秒)という特別番組を放送。その後、9時58分から人気アニメ『トムとジェリー』を放映したのだ。あれ? 『ぴーかんテレビ』は? しかも、1時間半もの長時間にわたって『トムとジェリー』が放送されたのだ。

このアニメはレギュラー放送されておらず、『ぴーかんテレビ』のかわりに放送された番組のようだ。インターネットユーザーからは「仲良く喧嘩しようと言うメッセージだな」、「こんなに長時間放送する局もそうそうないぜ」などの声があがっている。

今回の問題で同局には、同日の夜までに約500件の苦情が寄せられたという。また、岩手県産のお米に対して誤解を招くような表現があったとして、同局の常務は岩手県庁とJAを訪れて、関係者に直接謝罪もしている。

このような状態で、『ぴーかんテレビ』を放送する訳にいかないと判断したのか、5日の時間枠に『トムとジェリー』が1時間半放映されたというわけだ。これに対して、インターネットユーザーらは次のように反応している。
 
「こんなに長時間トムとジェリー放送するテレビ局もそうそうないぜ」
「ある意味レアだ」
「『仲良く喧嘩しな』で、我々を糾弾するなと視聴者に植え付ける東海テレビの陰謀」
「仲良く喧嘩しようと言うメッセージだな」
「セシウムさんのツケがトムとジェリーに回るとは」
「トムさんとジェリーさんがかわいそう」
「むしろ視聴率良さそうだな……見たい」
「何故トムとジェリーなの?」
「昔はキー局で,トムとジェリースペシャルを2時間くらい、結構やっていましたよ。20年くらい前でしたでしょうか」
 
……など、さまざまな声があがっている。一部のユーザーが指摘しているように、これだけ長時間『トムとジェリー』が放送されることは稀だ。この『トムとジェリー』は来週も放送されるのだろうか? 今後も『ぴーかんテレビ』の放送枠に注目である。

参照元:東海テレビ

 

再現イラスト: RocketNews24.