部下思いの魔王と、その心優しきリーダーを慕う一軍を描いた4コマ漫画『魔王軍はホワイト企業』。最初はスガラジカル先生の4コマ漫画シリーズ『脳内ポートフォリオ』のいちエピソードとして登場したが、徐々に人気を博し、ついにはシリーズ化が決定。今ではエピソード数も200話を超えており、これまで数多くの魅力的なキャラクターたちがその人気を支えてきた。

そこで『魔王軍はホワイト企業』の面白さをより知ってもらうためにも、同シリーズの主要キャラをまとめてみた。それぞれのキャラクターの関連エピソードは紹介文下のリンクから読めるので、ぜひそちらもチェックしてみてほしい。

~魔王軍のキャラクター~

【魔王】

魔族を統べる長。一族全員の幸せを常に考え、一人ひとりの働き方を提案してくれる。気軽に街にも繰り出し、よく子供に懐かれる。

関連エピソード:初登場の第1話日常

【フェザー】

魔王の右腕で悪魔軍団の将軍。四天王の一人でもあり、主に調査・偵察を担当し、魔王軍空軍を率いる。魔王軍のなかでは比較的仕事人間で、残業したり有休を消化しなかったりして魔王に怒られることも。休日の使い方が下手。

関連エピソード:キャラ紹介有給休暇

【ソリド】

四天王の一人で竜兵部隊のトップ。人見知り&超気にしいな性格のため、部隊の統率は副将軍に任せている。他人に仕事に介入されるのが嫌で、一人で戦えるよう修行して強くなった。一応竜族だが、祖先はオオサンショウウオ。

関連エピソード:キャラ紹介

【ボーグ】

四天王の一人で機兵軍団の将軍だが、実態はマニオル副将軍が操るロボット。エグデゾが封印された際に四天王に欠員が出たため補充され、そのまま四天王として定着した。
※初期にリベット将軍という名前だったのが、作者が忘れていつの間にか変更されていたのは秘密。

関連エピソード:キャラ紹介

【ドクロ男爵】

アンデッド軍団の将軍にして四天王最弱の男。そのためいつ四天王から降格させられるかでハラハラしている。部下思いで、自分の軍団が降格させられないように成果を出そうと頑張るが、つい無理をしすぎてしまう。

関連エピソード:キャラ紹介

【ぺレザ】

フェザー将軍直属の副将軍。奔放な性格で自由行動も多いが、将軍不在時は意外に真面目に業務にあたり部隊の指揮をとる。副将軍のなかでは最もキャリアが浅いので、結構エリートだったりする。

関連エピソード:初登場

【アネビス】

竜兵部隊の新人。コミュ力が高く上司にも遠慮しない性格で、食べるのが大好き。いい意味で厚かましいので、ソリドが気を使わなくてすむ数少ない部下。休みの日に子供たちに槍術を教えている。

関連エピソード:初登場槍術教室

【マニオル】

軍のメカニックで機兵軍団の副将軍。完全ロボットであるボーグ将軍を裏で操作しているため実質四天王で将軍だが、責任のある役職が嫌なため今のポジションに落ち着いている。

関連エピソード:初登場

【ディアーナ】

魔王の姉でギャンブル好き。旦那と別れてから一人息子を女手ひとつで育てる。スナックを経営していて、そこの客のほとんどはディアーナが魔王の姉だということは知らない。昔は魔王に匹敵する魔力で前線で戦っていた。

関連エピソード:初登場

【ディアノ】

ディアーナの息子。魔王になついている。魔王の家系のため魔力の潜在能力が高い。

関連エピソード:初登場


【クローニ】

ぺレザの同期。堅実な仕事ぶりでフェザー将軍の補佐役を務める。

関連エピソード:初登場意外な一面

【エクデゾ】

魔王の許可なく時間外労働をしていため200年間封印(という名の休暇)されていた元四天王。封印されていた間、部下達が離散してしまい途方に暮れる。

関連エピソード:初登場

【グリーゴ】

エグデゾの右腕で堅実な兵士オークだったが、エグデゾが左遷された際キャリアについて考え始め、やりたいと思っていたクレープ屋に転職。

関連エピソード:初登場

【サラマンダー】

火竜のくせに休日に海とか行ったりする陽キャ。良い奴だけど騙されやすい。

関連エピソード:初登場副業

【ケルベロス】

魔王城の門番を務める三兄弟。三男(左)の性格が悪い。

関連エピソード:初登場

【エスパダ】

魔術部隊三年目の魔導士。趣味で作っていた呪いの武器の評判が良くなったため、副業申請して兼業している。

関連エピソード:初登場

【長老】

魔族の重鎮。魔王の子守もしていた古株で、小言が多い。

関連エピソード:初登場

【ハルマタンケ】

魔族統一の際に使用された古代兵器。普段は魔王城に封印されているが、魔族統一の際に働かせすぎたため今はバカンスに行かせている。

関連エピソード:初登場

【子守オーク】

魔王城地下の監獄の見張り。嫁に逃げられたため、男手ひとつで息子を育てる。

関連エピソード:初登場

【ドクロ将軍の部下たち】

ドクロ男爵を慕うアンデッド軍団。日光が苦手なため、基本は夜勤務で魔王城の夜を守る。

関連エピソード:初登場


~魔王軍に所属する人間~

【ストラグス】

元人間。以前勇者パーティに所属していた剣士だったが、壮絶なパワハラを受けたため魔王軍に転職。剣も魔法も優秀で、勇者を倒すため腕を磨くが、勇者の顔を見てトラウマがよみがえり頭痛と吐き気を催し敗れる。

関連エピソード:魔王軍に加わる

【スピア】

元人間。福利厚生の整った魔王軍に憧れ入隊する。口調は荒いが親切。副業で農業をしている。

関連エピソード:初登場

【異世界転生した男】

ブラック企業で疲弊していたところ車にひかれ、いつの間にか魔王城の近くで倒れていた日本人。無理に魔王軍に適応しようとして魔王に諫(いさ)められる。手厚い研修過程を経て魔術の勉強をし、魔王軍所属になる。

関連エピソード:転生


【エレナ】

魔王軍に囚われの身の騎士団長。見張り兵の子供の子守を任されてから魔王軍の保育士に昇格。赤子の扱いが上手い。

関連エピソード:初登場魔王城で子守り


~勇者パーティー~

【勇者】

魔族の駆逐を目論む勇者。一見 人当たりが良いため外からはまともに見えるが、実態は根性論を振りかざし、不可能な要求・時間外労働・やりがい搾取を当然の如く部下に強いる典型的なパワハラ気質。自分では良いことをしていると思っている。

関連エピソード:初登場

【ブレイヴ】

戦士。裏表のない性格で、勇者の魔族討伐の目標に感銘を受け仲間に加わった。このなかでは比較的勇者に敬意を持っているが、最近の勇者のサイコ具合に疑問を感じ、しれっと退職する。

関連エピソード:初登場退職

【リリア】

元々教会に勤めていたヒーラー。もっと自分の力を試したくて転職するも、前の職場が恵まれていたことを痛感する毎日。勇者からの無理難題を断ることができず、ほぼ毎日残業している。不眠症気味で、睡眠魔法を自分にかけて寝ているうちに睡眠耐性が◎になる。

関連エピソード:初登場疲れがとれない

【マリィ】

魔術師。リリアよりは楽天的で勇者のパワハラを苦にしてなさそうだが、実は水面下で転職を計画しているため外部の人間と頻繁に接触している。

関連エピソード:初登場


──キャラクター紹介は以上である。

登場キャラクターが増えてきたら随時更新していく予定なので、たまにこのページをチェックしてみるといいかもしれない。それではこれからも4コマ漫画『魔王軍はホワイト企業』の連載を楽しみにしていてくれいっ!

漫画:スガラジカル