高級ホテルは、私(佐藤)の人生にとってもっとも縁のない場所のひとつだ。利用するのに高いお金がかかるだけでなく、しょっちゅう職務質問を受けるような見た目だから、あのゴージャスな空間で1人浮きまくってしまう。わかるぞ、ここは私のいるべき場所じゃないって、建物に入った瞬間にわかるぞ!

そんな私は最近、意を決して東京・新宿の「ハイアットリージェンシー」に行ってきた。ここで売っているテイクアウトの「ダブルいちごのふんわりクリームパン」のコスパが高いのでは? と目をつけたからだ。そして実際に買ってみると、やっぱりコスパが高かった! そしておいし~い!!

・無意味な罪悪感……

私がハイアットリージェンシーに入るのは、12年ぶりだろうか? 何かのパーティーに招かれて訪ねたのが1度目。そして今回が2度目の訪問になる。やたら広い正面玄関を通ろうとした時に、ドアマンが「いらっしゃいませ!」と寒さを吹き飛ばすような元気な声をかけてくれた。

それだけで私はビクッ! としてしまう。根っからの貧乏性であるがゆえ、高級な場所にいくだけで、罪悪感を覚えてしまうのだ。何もしてないのに……。


・シャンデリアに目がくらむ……

公式サイトによると、2階のペストリーショップで美味そうないちごクリームパンを売っているとのことだった。しかし厄介なことに、ここが何階なのかわからない。目につく範囲に案内板らしきものはないし。

上を見上げると、デカいシャンデリアがやたらまぶしく光っている。このシャンデリア、いくらするんだろうか。これを灯すために、年間どれだけの電気代がかかるんだろう

そんな余計な心配をしている場合ではない。ペストリーショップに行かなければ。とはいえ、手がかりがないので、受け付けみたいなところのスタッフの人に行き方を聞こう。そう思ったら、そこがペストリーショップだった。私の知っているパン屋じゃないな……。


・想像を超えるクリームパン

さて、購入までの前置きがずいぶん長くなってしまった。根拠のない罪悪感や敗北感と戦いながら、私は買って帰ったぞ。クリームパンを。2021年でもっとも神経を使った買い物だ。今年、この先にコレを超える買い物は、多分しないだろう。


慎重に箱を開けると、私の知っているクリームパンとは明らかに形状が違う。まるでケーキみたいだ。よく見ると、「ちぎりパン」を2つくっつけたような形をしている。


袋から出すと……ウヒョー! 美味そう!! 白と赤の色合いがとても鮮やかだ。緊張に耐えながら買ってきてほんとによかったよ~!


さすがは一流ホテル。イチゴを使っているとはいえ、クリームパンをここまで美しく仕上げるとは。感心するばかりである。



パン生地はとても柔らかいので、手で簡単にちぎることができる。断面を見ると、果肉入りのクリームがびっしりだ。


頬張れば、とろけるようなクリームの甘さに思わず笑いがこみ上げてくる。うめえな、これ食えば吹き付ける風の冷たさも忘れるぞ、マジで。1日の終わりにコレを食べて、そっと眠りに就きたい気分だ


なお、幸せを呼ぶいちごのクリームパンのお値段は……


!!!! なんと税込864円!!!!


安いでしょ、奥さん! 1000円でお釣りが来るんですよ、奥さん!!


これを「コストパフォーマンスが高い」と言わずして、なんというべきか? 確実に価値が値段を上回っているのである。人生2度目のハイアットリージェンシー訪問はこうして幕を閉じた。3度目に訪問する機会は、意外とすぐに訪れそうだ。そう、私はまたクリームパンを買いに行くのだから……。

・今回訪問した店舗の情報

店名 ホテル ハイアットリージェンシー「ペストリーショップ」
住所 東京都新宿区西新宿2丁目7-2 2F
時間 10:30~17:30
販売期間 2021年3月31日まで

参照元:ハイアットリージェンシー
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24