空前の喫茶店ブーム到来! その流れに乗って東京・渋谷の新たな複合型施設「MIYASHITA PARK」にも純喫茶がオープンした。店の名は『純喫茶 & スナック思ひ出』。令和に誕生した最先端の商業施設の中に純喫茶だって!? 実際に行ってみたところ、つくりがバリバリ昭和! ノスタルジックでめっちゃ渋い!! お店の場所がわかりにくくて、まるで隠れ家! 人にヒミツにしたい穴場喫茶である。

・全国の美味しいものが集まった「渋谷横丁」

お店があるのは、MIYASHITA PARK1階の「渋谷横丁」だ。ここは全国の美味しいものを集めた屋台形式の飲食店街である。開業当初は、24時間営業の予定だったが、現在(2020年8月)は新型コロナウイルスの感染拡大を防止のために、時間短縮営業を行っている。



横丁には、北海道から沖縄までの全国のご当地メシのほか、韓国・中華料理、洋食から力士メシまで、ありとあらゆる美味しいものが集結している。中に入ると雰囲気がイイ! 通路を挟むようにして、お店が軒を連ねていて、まるで祭りの屋台みたいだ。新宿・花園神社の酉の市みたい。



・怪しい階段発見!

端から端まで歩いてみると、妙なところに階段発見! ここはなんだ? 上がった先のには「思ひ出」という看板がある。新築のはずなのに、ここだけ雰囲気が30年前。いや、もっと昔から存在していたかのように見える。


おそるおそる階段を上がって、お店の中に入ってみると……。


入口の雰囲気が昭和!


貼ってあるアイドルのポスターも昭和!


照明のシェードも昭和!


店内全部が、ザ・昭和!! 渋い、渋すぎる!


・お手本のような純喫茶

このお店、昼は純喫茶、夜はスナックとして営業している。昼からだってお酒を飲むことができるぞ。メニューの1ページ目にスナック料金が記載されていてそれを見ると、1時間のセット料金3000円。焼酎・ウイスキー飲み放題、カラオケ歌い放題になっている。


喫茶のメニューも超充実している。定番ドリンクのバナナジュース・ミルクセーキ・クリームソーダはもちろん、ビールにアイスを浮かべたビールフロートなんてのもある


食事もトースト・サンドイッチ・ナポリタン・生姜焼きセットと、まるでお手本のような喫茶スタイルだ。


1階の横丁メニューを取り寄せることができるのもイイ! ソファでゆったりくつろぎながら、ご当地唐揚げやご当地ラーメンの食べ比べなんてこともできてしまう。1階のにぎやかな感じも良いけど、居心地の良さなら断然ここだ。


・ヒミツの階段を見つけて

純喫茶ではプリンを頼むと決めているので、プリンアラモード(税別700円)を注文してみた。ちなみにドリンクセットは+税別280円である。そして出てきたのは、細長いガラスの器に盛られたゴージャスな一品。フルーツとアイスに押しつぶされて、プリンがやや窮屈そうに見える……。味はおじさんの私(佐藤:46歳)の身体に馴染む昭和テイストだ。教科書通りのノスタルジックプリンである。


それにしても居心地がいい。MIYASHITA PARKで買い物をして渋谷横丁で食事をして、ここでお茶をしながらひと休みなんていうのも悪くないだろう。純喫茶好きにはぜひともオススメしたいんだけど、あまりお客さんが多いとノスタルジックな雰囲気を味わえないので、あえて場所はヒミツにさせて頂く。横丁のどこかにある怪しい階段を見つけて欲しい。そこを上がると、心落ち着く憩いの場が待っている。

・今回訪問した店舗の情報

店名 純喫茶 & スナック 思ひ出
住所 東京都渋谷区神宮前6丁目20番地 RAYARD MIYASHITA PARK South 1・2F
時間 11:00~23:00
※新型コロナウイルスの影響で営業時間の変更有り

参考リンク:渋谷横丁
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24