「崎陽軒」と聞けば、誰もが真っ先にシウマイを思い浮かべるだろう。和洋中問わず幅広い食品を扱っている中でもシウマイは、1928年に販売開始と歴史があるだけでなく、1日約80万個製造されるほど親しまれているからだ。

もはや「崎陽軒=シウマイ」とも言えるイメージだが、そんな崎陽軒の本店では、優雅にアフタヌーンティーを楽しめるらしい。もしかしてシウマイも出てくるのか……? 気になるので行ってみた!

・そこにシウマイの姿は……

横浜駅東口にある崎陽軒本店。アフタヌーンティーを提供しているのは、1階にある崎陽軒のティーサロン「アボリータム」だ。

アフタヌーンティーのセットは、1日40セット限定の「アフタヌーンティーセット(1600円)」と、平日20セット・土日祝30セット限定の「プレミアムアフタヌーンティーセット(2200円)」の2種類ある。今回は「プレミアムアフタヌーンティーセット」を事前予約しておいたよ。もちろん、単品でも注文可能だ。

席についてさっそく1種類の飲み物を選び、ワクワクしながら待っていると……飲み物とともに、アフタヌーンティーセットもやってきた。早い〜! どうしても「崎陽軒=シウマイ」のイメージは拭えないが、西洋風の軽食やスイーツに対する崎陽軒の本気を見せていただこう。

まずはアフタヌーンティーに欠かせないスコーンやサンドイッチ、そしてデニッシュからだ。サンドイッチとデニッシュは意外と食べ応えがあって嬉しい。

レーズン入りのスコーンは温かく、小さいながらにギッシリとした食感だ。いちごジャムに加え、定番のクロテッドクリームではなく、マスカルポーネチーズとメープルシロップをつけて食べるのが面白い。

そしてお次は、信玄鶏のマサラカリーグラタンとスープ、それとフチがピンクでもちもちしてそうな皮に包まれた……これはまさか……

シウマイだ〜! こんなところにいたのかシウマイ。てっきりいないかと思ってたよ。まさかシウマイが、ピンクに縁取られて可愛く鎮座していたとは。お味はさすがの崎陽軒、ジューシーで美味しかった〜!

ちなみにマサラカリーグラタンも、鶏肉がホロッホロになっていて最高。小さいサイズながら、スパイシーさは本格的で美味しい。ただし、辛いものが苦手な方は少々注意が必要かも?

シウマイの存在で十二分に満足してしまいそうになったが、スイーツたちも実力派。特に、抹茶オペラは上にかかっている抹茶チョコレートが程よい固さ、口どけなめらかでとても美味しかった。クッキーとともに乗っていた酸っぱいチョコも美味しかったし、崎陽軒はチョコのレベルも高いのかも。

しっかりとシウマイも楽しみつつ、のんびりと正統派のアフタヌーンティーを楽しめて良かった〜。

・予約しておくと安心

崎陽軒のアフタヌーンティーは各日数量限定の上に人気のため、要予約ではないものの、事前に予約しておいた方が安心。当日予約はできないが、今回筆者がいただいた「プレミアムアフタヌーンティーセット」は平日も土日祝も予約可能だ。

店舗限定ではあるものの、本格的なアフタヌーンティーを楽しめる崎陽軒。期間でメニューが異なるので飽きさせないような工夫も施されていた。気になった方はぜひ。

・今回訪問した店舗の情報

店名 崎陽軒本店「アボリータム」
住所 神奈川県横浜市西区高島2-13-12 崎陽軒本店1階
営業時間 10:00 ~ 21:00(20:30 ラストオーダー)(プレミアムアフタヌーンティーセットの提供時間は平日12:00~ / 土・日・祝日11:45~)

参照元:崎陽軒HP
Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.

▼ドリンクメニュー豊富でした。ただし、おかわりは不可。どれにするか悩んだ〜!

▼崎陽軒本店では、結婚式も出来るらしい。凄い。

▼お皿がとても可愛かったです。