私(佐藤)の夢は穏やかに暮らすことだが、その夢は果たされぬままに人生の半分が過ぎ去っている。できれば、誰に迷惑をかけることなく静かに暮らし、天に召されることを思い描いてきた。しかし、その願いとは裏腹に多くの人に迷惑をかけ続けている。このまま行くと、死後、地獄に落ちる可能性がある。それもかなり高い確率で……。

生きているうちに手を打とう! そう思い、私はたまたま見つけた興味深いメロンパンを食べることにした。その名前は「死んでも地獄に落ちない」である。これを食って、あらかじめ地獄落ちの確率を少しでも低くしたいところだ……。

・埼玉のキッチンカー

この商品を販売しているのは、さいたま市を中心に移動販売をしているキッチンカー「メロンパン秘密基地 HAPPyHAPPy」だ。西武池袋本店のイベント「食べ旅にっぽん グルマンマルシェ」に出店しているのを発見した。


パッと見はメロンパンの専門店と思いきや、並んでいる商品の名前がとてもユニークだ。看板商品の生クリームを挟んだメロンパンは「上司の話は聞きたくない(540円)」


チョコレートクリームをサンドしたのは「腹黒ポケット(540円)」


生クリームにキャラメルソースがたっぷりかかったのが、「深夜のおやつジャンキー(540円)」


・名前の理由

今回購入したのは、「上司の話は聞きたくない」のほか、「必殺! 業務命令だ」「反抗期」。それに「死んでも地獄に落ちない」の4つ。


どうしてこんな名前になったのだろうか? お店の人に尋ねると、それぞれ理由があるそうだ。まず「上司の話は聞きたくない」は、上司の話とメロンパンはシンプルな方がいいという理由からこの名前になったそうだ。


次に「必殺! 業務命令だ(648円)」は、話を聞かない部下への圧力。ちなみにこのメロンパンには、マンゴーのフィリングがサンドされている。


続いて「反抗期(648円)」は、ちょっと塩気のあるチーズを使用していることから、甘いだけじゃない味の『反抗』を意味しているとのこと。


そして最後の「死んでも地獄に落ちない(648円)」は生クリームとカスタードクリームの2つを贅沢に使用しており、天にも昇る美味しさからこの名前がついたとのことである。


・頼む!

それでは、地獄落ちの確率を少しでも低くするため「死んでも地獄に落ちない」を食べてみよう。口に入れると、メロンパンの生地は表面サクサク。中はふんわり。口に入れるとスッと溶けるような、柔らかな食感。


2つの濃厚クリームの甘さは、まさに至福! たしかに天にも昇るような幸せな気持ちにしてくれる。


頼む! このままずっと夢を見させておくれ。現実世界はあまりにも薄汚れていて、これ以上見たくないんじゃあ~!


終わり……


・イベント詳細

名称 食べ旅にっぽん グルマンマルシェ
会場 西武池袋本店 7階催事場
住所 東京都豊島区南池袋1-28-1
会期 2019年10月26日~11月4日
時間 10:00~21:00、日祝10:00~20:00、最終日は16時まで

参照元:西武池袋本店
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24