ごはん・パン・麺……炭水化物大国の日本においても、この3つを1つの食卓の上で調和させることは困難なように思う。理由は単純だ。なんか合わないからである。一緒に食べても決して美味しくないわけではないのだが、絶妙にマッチさせることは難しく、しっちゃかめっちゃかになることもある。

もっと言えば、近年は糖質制限を推奨する動きも台頭してきたため、3大炭水化物の統一への道はいっそう険しくなった……かに思えた。だが、そんな困難に愚直に挑み、見事達成したお店が実は存在した。そのラーメン屋では、確かにごはんとパンと麺が調和していたのである

・田中トッピング

実際に訪れた時のことをレポートしていこう。今回ご紹介するお店は、東京・水道橋駅近くにある「横浜家系ラーメン 田中」だ。

このお店で特徴的なのが、あまりに大胆な独自のトッピングサービスである。

入店し、食券機を眺めれば、さまざまなメニューやトッピングが並ぶ中に「田中トッピング」の文字が。このボタンを押すと、なんとラーメンにチーズバゲットがトッピングされる。正直「なんと」では済まされないほどに斬新な組み合わせだが……

さらにここのお店では、常時無料でライスを注文できる。つまりバゲットをトッピングしたうえでライスを頼めば、ラーメンの麺と合わせて3大炭水化物がひとところに集結するのだ。世紀の炭水化物フェスである。

初めてこのトッピングについて知った時は、「スープにパンは定番だが、ラーメンでもいけるのか?」「おまけにライスまで頼んだら、てんやわんやじゃないか?」と不安も芽生えたが、好奇心がそれらを一蹴した。というわけで、迷うことなく炭水化物ズをセットで注文。

果たしてライス・パン・麺の調和具合はいかほどのものかと期待しながら待つこと数分、まもなく注文の品がやってきた。今回は「ラーメン(並)(650円)」を選び、味の濃さや油の量などのお好みも全て普通にした。ちなみにトッピングは100円だ。

覚悟はしていたが、平然とラーメンに混じるバゲットのインパクトは強烈である。どうしても違和感はぬぐえない。ビジュアルからあふれる炭水化物のエネルギッシュぶりに、「メチャクチャしんどい時に考案したメニューなんじゃないか」と思ってしまう。

「田中トッピング」は糖質制限ダイエットの対義語だなという確信も強まる。やはり普通ではない……が、バゲットにもチーズにもこんがり焼き目がついていて、とても美味しそうだ。じわじわと期待感がぶり返してくる。

バゲットは楽しみに取っておくとして、まずはスープをいただく。濃厚な口当たりながら、豚骨系のクリーミーな味わいで飲みやすい。飽きずに飲み干してしまいそうなタイプだ。

お次は麺。やや細めで茹で加減がちょうど良く、スープとの絡みも抜群。個人的にはケチのつけようがない。ここまでは洗練された完成度の高いラーメンである。

問題はバゲットだ。ラーメンに乗ったパンをどう食べるべきなのかわからなかったので、やけくそ気味に手づかみで行く。そして一口食べる。

硬そうな見た目に反して、思いのほかふんわりとしていて柔らかい。チーズも適度にとろけていて美味しいバゲットだ。「だがこれが田中トッピングの真価ではないだろう」という直感が働いたので、バゲットをもう少しスープに浸して食べてみたところ……

偽りなく超絶美味だった。濃厚スープとチーズバゲットは筆舌に尽くしがたいほど相性が良く、不思議としつこくもない。「田中トッピング」のためにスープを濃いめにしてもよかったかもしれないとさえ思える。

時間が経つほどにバゲットにスープが染みていく仕掛けにもうならされる。スープをたっぷり吸ったバゲットは、もはやラーメンの具として違和感がなかった。そして、その状態のバゲットをライスに乗せ、さらにそこへ麺を投入して一緒に食べてもちゃんと美味しい。

要するに、3つの炭水化物は間違いなく調和していた。それぞれを普通に一緒に食べると「なんか合わない」と感じるのだが、とろみのある家系ならではのスープがつなぎ役として絶妙に機能し、仲を取り持つことに成功している。改めて、惜しみない拍手を送りたい完成度だ。

・家系の新たなスタンダード

「田中トッピング」という画期的な発明に触れ、炭水化物フェスを存分に楽しんだことで、筆者の常識は覆された。家系ラーメンの新たなスタンダードとなってもおかしくないほどに思えたし、1度食べればやみつきになること間違いなしである。

糖質が気になる方にはおすすめしづらいが、なるべく多くの人に味わってみてほしい。今度は筆者が、「田中トッピング」と皆さんのつなぎ役になれれば幸いだ。

・今回紹介した店舗の情報

店名 家系ラーメン 田中
住所 東京都千代田区神田三崎町3-1-10
営業時間 月~金 10:30~23:30 / 土 10:30~23:00 / 日 10:30~19:00
定休日 無休

Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.

▼田中トッピングにライスを加えて炭水化物フェス

▼スープも麺も高レベル

▼そしてスープの染みたチーズバケットも最高