やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 色違いドーミラーは捕れたかな? お兄さんはレイド15回、タスクは150回くらいやったけど結局ノー色違いでフィニッシュさ。ま、こんなもん……と言いたいところだけど、欲しかったー!! 色違いドーミラー欲しかったー! 未練たらたらァァァアアアアッッ!!

それはさておき、シンオウ地方の新ポケモンが実装されて、早いもので2週間が経とうとしている。きっと多くのトレーナーが新ポケモンを追いかけていることと思うが、レイドバトルにもちょっとした変化が起きていることにお気付きだろうか? ズバリ、いまやるべきレイドバトルは……!

・ミノムッチが登場

2018年5月28日に終了した「レイド・ウィーク」の翌日、ひそかにレイドバトルに登場するポケモンの変更があった。きっとほとんどのトレーナーは “色違いクレセリア” を求めて☆5のレイドバトルに照準を合わせていることかと思うが、注目は☆1だ。

なぜならば、☆1のレイドバトルに「ミノムッチ」が登場しているからである。「☆1でしょ? 色違いでも出るの?」とお考えのあなた。そういうことではない。図鑑を埋めたいトレーナーはただひたすら「ミノムッチ」を捕まえまくるべきなのだ。というのも……。

・理由その1:「フォルムが3種類ある」

ミノムッチは「くさき」「すなち」「ゴミ」と3つのフォルムを持つポケモンだ。どのフォルムもレイドバトルに登場することが確認されているから、持っていないフォルムだった場合はすぐさまジムに駆け付けよう。後述するが、野生での発見は困難だ。

・理由その2:「進化先が多い」

ミノムッチのメスはアメ50個で「ミノマダム」に進化する。もちろん「ミノマダム」になっても3種類のフォルムがあるから、最低でもアメが150個必要になる計算だ。さらにオスは一律で「ガーメイル」に進化する。ということは全部でアメ200個……! ゲットチャンスの際はパイルのみ必須だ。

・理由その3:「野生で滅多に出ない」

最大の理由は、野生ではミノムッチがほとんど出現しないから、である。特に「すなち」は海岸でのみ出現するとの噂もあるので、現在のところ “激レアポケモン” と呼んでも差し支えあるまい。お兄さんも野生では2週間で4匹の「ゴミ」が捕れただけだから、いずれのフォルムもかなりレアだ。

もちろん「ブイゼル」のように、最初はレイドに登場して、後から野生でも出るようになる……というケースも考えられる。だが、そんなもんは待っちゃいられないのがポケモンGOトレーナーの性(さが)であろう。ミノムッチが、出たら、すぐさま、ダッシュしろ。

一部のトレーナー間では「すなちのミノムッチは激レアになるのでは?」という噂もあったが、レイドバトルで手に入るなら個人的にはとてもありがたい。ミノムッチを求めて海岸をさ迷うのはツラすぎる。という意味でミノムッチのレイドバトル登場は「GJ!」な案件ではなかろうか?

おそらく3種類のミノマダムと1種類のガーメイルをコンプしたトレーナーは、まだ多くあるまい。キラポケモンまで考えたらなおさらだ。というわけで、☆1のタマゴが出たらドキドキしながら待機しよう。んで、ミノムッチが出たらダッシュでジムに駆け付けるべし! それではトレーナー諸君の健闘を祈る!!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)

▼最新情報はTwitterをチェックしてくれよな! もちろん色違いクレセリアにも全力だぞ!!