昭和レトロな雰囲気が漂うJR大阪駅近くの「新梅田食道街」。チョイ飲みできる立ち飲み屋からファストフード店まで、約100店が入居している賑やかな「道」だ。今回訪れたのは、そんな新梅田食道街でボリュームナンバー1ランチが食べられると評判の『おおさかぐりる』である。

同店の名物メニューは「ボルガ」。聞き慣れないメニュー名だが、なんでもロシアの母なる川・ボルガ川に船が浮かんでいるイメージの料理らしい……ぜ、全然わからねぇです。気になったので注文してみたところ、偉大なるボルガ川に浮かぶ巨大船が登場したのでしたッ!

・おおさかぐりる

母なるボルガを求めて大阪梅田のド真ん中・新梅田食道街へ。いろんなものを食べさせ、飲ませる店が狭い通路に並んでいるから「食堂街」ではなく「食道街」なのだとか。迷路のような食道を突き進んで行った先に、お目当ての『おおさかぐりる』を発見した。やっぱり並んでるか~。

おおさかぐりる

う~む、さすがは人気店。昼時ピークの12時ジャストに訪れたのが間違いだったかもしれない……とは思ったものの、席の回転は早く10分ほどで店内へ。さっそく食券機で「ボルガ(980円)」を購入。ご飯のサイズはもちろん大盛り。母なるボルガの本気を見たい。

案内されたのは、コの字型カウンター席のド真ん中。店内も実に昭和的で、食欲をそそる香りが充満している。大盛りを注文して正解だったと確信したその時……いよいよ名物メニュー・ボルガが登場した。


こ、こ、これが……!


ボルガ!

ボルガ

なんだこの最強過ぎるビジュアルは。カツを乗せた巨大オムライスが、デミグラスソースの川に浮いているじゃないか。行ったことはないが、まさにロマンあふれるボルガそのもの。もしくは、日本最大の「仁徳天皇陵古墳」を思わせる迫力である。デケェ~。テンション上がりますな~。よーし……

思いっきりがっつきます!

・大阪の母なるグルメ

食べてみると、これまた昭和を思わせる濃厚な味わい。コク深い自家製デミグラスソースと、揚げたてジューシーなカツのコンビネーションは絶妙だ。ふわとろたまごの中身は、ボリュームがMAX過ぎるケチャップライスだが……イケる。これなら余裕でイケるぞ!

デミグラスソースの川を泳ぎながら、カツとオムライスを同時に放り込む。はあ~、この一体感がたまらん。食券を持ったお客さんがカウンター席のスグ後ろに並んでいるから少し急かされた気持ちになるものの、ガツガツ食べる昔懐かしい洋食はラスト1口まで美味であった。

ロシアの母なる川であり、大阪の母なるグルメでもあるボルガ……生まれて初めてその名を知ったが、もう決して忘れることはないだろう。ふらっと1人で入れるお店の雰囲気もナイスだ。大阪駅周辺でガッツリ食べたい時の第1候補だから、ぜひチェックしておいてくれよな!

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 おおさかぐりる
住所 大阪府大阪市北区角田町9-26 新梅田食道街1F
時間 11:00~23:00
休日 無休

参考リンク:新梅田食道街「おおさかぐりる」
Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

▼名物メニュー「ボルガ」はサラダ・みそ汁付きで980円

▼一瞬で完食

▼新梅田食道街MAP