ブイヤベースを鍋料理と言っていいのか? 難しいところかと思います。人によっては「文句なしに鍋料理だ」という人もいるでしょうが、私がサイゼリヤで偶然『イカの墨入りブイヤベース』を見つけたとき、「これは鍋じゃない。鍋というよりは、魚介類の入ったスープだ」と思っておりました。

しかしながら、「魚介類の入ったスープって、それ鍋やん」という気持ちがするものですから、スマホを取り出してググってみましたところ……

「フランスの寄せ鍋料理」


──とWikipediaに書いてあるではありませんか(2019年1月29日時点)。

Wikipedia がそう言うなら仕方がありません。注文してみましょう。と思ってメニューの裏側を見ましたら、「イカの墨入りブイヤベースのお楽しみ方」が記載されております。

そこには、「白ワインと一緒に楽しむといい」とか、「パン(ミニフィセル)をスープにつけて食べると美味しい」といったことが書かれておりましたので、ブイヤベースと一緒にそれらを注文してみることにしました。


・実食

やがてやってきた真っ黒な一品。容赦のない黒と申しましょうか。イカ墨を食べ慣れない人なら抵抗を感じるほど真っ黒でございます。

そういえば、以前にどこかで「西洋の人は黒い食べ物に抵抗があるから、海外で海苔巻きを出す時は、海苔が外側に見えないように巻く」という話を聞いたことがありますが、このような料理を見ると、それは本当だろうかと思ってしまいます。だって、墨汁のように真っ黒なのですから。

とにかく、いただいてみましょう。スプーンをスープに沈めて、ひとさじすくって口に運んでみましたところ……イカスミの奥に魚介の存在を感じます。確かに、これは白ワインが合いますね。ニガ旨とコク旨の中間のような風味です。

ちなみに、鍋に入っていた魚介類はムール貝、エビ、イカ、アサリ、魚など。墨で真っ黒だったので、何の魚かは分かりませんでしたが、食感的にきっと白身魚でしょう。


・コスパを考える

ここで考えてしまうのは、コスパ。恐らく、専門家へ行けばもっと美味しいブイヤベースがあるはずです。しかしながら、サイゼリヤの『イカの墨入りブイヤベース』は単品が税込799円。この価格で、この味……。

私が何度もリピートしたやよい軒の『しょうが鍋定食』が税込890円ですから、それより安いのです。もちろん、ワインやらパンやらを頼むと799円を越えてしまいますが、サイゼリヤといえばワインのコスパが素晴らしいのは有名な話。グラスワインだとたったの100円(税込)なのです。ということは……

鍋を突つきながら飲みたいとき、サイゼリヤはかなりの穴場と言えるのではないでしょうか。やよい軒や牛丼チェーンのコスパも素晴らしいですが、それらはどちらかと言うと、 “飲む” というより “ご飯を食べる” という感じですからね。”飲み” が絡むと、サイゼリヤのコスパは圧倒的です。

また、居酒屋でも1人鍋はありますが、鍋およびアルコールのコスパで、サイゼリヤに太刀打ちできるところは稀でしょう。そんなわけで、鍋を突つきながら飲みたいならサイゼリヤがコスパ面で1番……と思った次第です。

ちなみに、この『イカの墨入りブイヤベース』は販売期間限定の商品。気になった方は「いつでも食べられるわけではない」ということを覚えておいて下さいね。

参考リンク:Wikipediaサイゼリヤ
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ → 「チェーン店の1人鍋ぜんぶ食う

▼ちなみに、サイズ的には牛丼チェーンなどで出てくる “一般的な1人鍋のサイズ” です

▼パンをひたしていただきます。こういう鍋も良いですね

何度もリピした「やよい軒のしょうが鍋定食」はこちらです