「富士そば」のカツ丼が好きだ。別に絶品というワケでもないが、妙な趣があるというか、あのカツ丼が食べたくて「富士そば」に行くこともしばしば。490円という値段を考えると、非常に優秀な存在ではないか。

しかし、もしかするとこれは「富士そば」に戻れなくなるのでは……? そんなカツ丼に出会ってしまったのでお伝えしたい。正確に言うとカツ重なのだが、驚くことにたった500円なのだ! 繰り返す、とんかつ屋のカツ重が500円だぞ!!

・昔ながらのお店

JR十条駅の南口から歩くこと数分。通り沿いにやたら年季の入ったとんかつ屋を発見したら、そこが目的地の「とんかつ 水泉」だ。どうよこの外観、昭和の香りが匂い立っているぞ。自動ドアが壊れているのも最高だ。

・実は有名店

テレビなどによく出ているので知っている人も多いかもしれないが、とにかく目を引くのが「カツ重大サービス! 500円」という貼り紙である。丼ではなく重で500円というのがまた良い。まさに出血大サービス。よっしゃ、さっそく頼んだろ!

と言いたいところだが、実はこちらで一番有名なのが『わさびとんかつ』というメニューなのだ。これを食わずには帰れない。……よし、腹を決めたぞ。『わさびとんかつ』を単品で頼んで(税込650円、定食だと850円)、一緒にカツ重もいったれェェェェェエエエ!

その結果、めでたく私(あひるねこ)のテーブルにはカツ重と とんかつの二つが運ばれることに。なんという『孤独のグルメ』状態。まいったな、ブタがだぶってしまった。

・500円カツ重の実力

どこから攻めるか迷いどころだが、まずは500円のカツ重から行ってみよう。ワンコインなのに重箱で来るなんて嬉しいじゃないか。それでは、オーーーープン!



うおおおお! カツ重キタァァァアア!!

ルックス、最強。500円っていうからペラペラでスカスカかと思いきや、ご飯とカツが重箱にぎっしり詰まってやがる。卵も半熟でいい感じだ。これでホントにワンコインかよ!

・超コスパ

そば屋でよくあるミニ丼サイズを想像していたのに、普通に大盛りで思わずガッツポーズが飛び出す。肉も薄くなくボリューミーだ。やや薄味ではあるものの、あくまで “優しい味付け” の範疇なので無問題。素晴らしいコスパである。

・「水泉」名物

さて、満腹になる前に『わさびとんかつ』もいただかなくては……ってオォォォイ! 見た目は普通のとんかつやないか!! わさび要素どこいった!

そう思ったら、とりあえずカツを横に倒してみるがヨロシ。このメニューは大変ユニークで、なんとカツの中に……


わさびと海苔が入っているのだ!

うへぇ、すごいわさびの量! 辛そ~。にしても、これ何で食べるのが正解なんだ? わさび、海苔ときたら……やはり醤油だろうか? 結論としては、ソースでも醤油でも塩でも全部ウマいぞ。ぜひ一切れずつ味変して食べてみてほしい。

・意外に辛くない

わさびがこんなに入っているのに、カツの脂と中和されることで、そこまで辛さを感じないから不思議だ。わさびのイイ香りだけが鼻を抜けるかのよう。サッパリしていて実にウマし。酒にも合いそうである。実際、夜は居酒屋としても使えるようだぞ。ホッピーがいいよ、ホッピーが。

・富士そばに戻れない?

今回食べたカツ重も『わさびとんかつ』も、共にコスパに優れた逸品であった。富士そばのカツ丼大好きなんだけど、このカツ重を知った今だと物足りなくなってしまいそうで心配だ。こういう味があるお店には、末永く営業してほしいものである。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 とんかつ 水泉
住所 東京都北区上十条1-26-2
時間 11:00~14:00、17:30~23:00
休日 日曜、祭日の夜

Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.