berubara3b

王妃マリー・アントワネットと男装の麗人オスカルを中心に革命期のフランスを描いた『ベルサイユのばら』

原作本編のほか、4コマ漫画に宝塚にコスメ、最近でもNHKでアニメが放送されており、漫画の連載をリアルタイムで知らない人も、きっとどこかで目にしているはず。もはや世代など関係のない不朽の名作と言えるだろう。

いま、そんなベルばらのイラストコンテストが行われているのをご存知だろうか? ベルばらへの愛があれば誰でも応募可能。しかも! 審査員には原作者の池田理代子先生がいらっしゃるというガチっぷりなのだ。……マジかよ、ちょっと応募してくる!!

・ベルばらのイラストコンテスト

ベルばらのイラストコンテストは、『ベルサイユのばら』とDHCのサプリ「香るブルガリアンローズカプセル」のコラボ企画として2015年6月9日からピクシブで開催されている。

「香るブルガリアンローズカプセル」は、その気高く美しい香りからバラの女王と呼ばれるダマスクローズを使用したにおいケアサプリメントだ。ダマスクローズの香りは古代から人々を魅了し、有名なところではクレオパトラ、またフランス最後の女王マリー・アントワネットにも愛されたと伝えられている。

その逸話が関係あるのか、ないのかはわからないが、とにかく「香るブルガリアンローズカプセル」とベルばらのコラボしているのである!

・『ベルばら』イラスト&『ブルガリアンローズ』の擬人化を募集

今回のイラストコンテストのお題は2種類。ズバリ「ベルばらのファンアート」、そして「香るブルガリアンローズカプセルの擬人化」だ! すでに両部門合わせて150以上の作品が投稿されているが、どの作品も……麗しいのだわーっ!! 麗しくって頭がクラクラするレべルである!

・応募してみた

こんなにたくさんのベルばら美麗イラストを目の当たりにすると、ベルばらファンの血が騒いではこないだろうか……! ということで、周りから「強烈なベルばらファン」と呼ばれ、最近、台湾版のベルばらを入手してウホウホしている私・沢井も早速ピクシブアカウントを作って応募してみた。

ベルばら部門のテーマは「華麗なるベルサイユ」。条件は「イラストには、ピンク色のバラを描くこと」だ。

ピンクのバラというとロザリーのイメージだが、華やかさでいくとやっぱりマリー・アントワネット……と、描きかけたものの、まさに「王妃さまのお肌があまりにも美しくすきとおっていて、どんな絵の具をつかってもその色が出ないのでございますもの(ルブラン夫人)」状態になり断念。

ならば、やっぱりオスカル一択じゃいということで、ピンクのバラとオスカルを描いてみた。

20150624115241

「香るブルガリアンローズカプセル」の擬人化には特に条件はなく、自由度も高い。せっかくなので、沢井的「ブルガリアンローズたん」にも挑戦してみたぞ! バラのつもりが、寿司のガリみたいになってしまって笑った。

・勝者には賞金や池田先生のサイン色紙がもらえるらしい!

応募は、ピクシブの自分のアカウントに投稿し、投稿用のタグをつけるだけだ。タグは、ベルばら部門なら「ベルばらイラスト」、ブルガリアンローズ部門なら「ブルガリアンローズ擬人化」だ。なお、公開範囲を限定していると応募したことにはならないので、投稿前にしっかりと注意しておこう。

華麗なイラストの中に自分の描いた絵が、数々の美しいイラストと一緒に並ぶだけでもテンションが上がってくるが、今回のコンテストでは、ベルばら部門の大賞に選ばれたら賞金20万円+池田理代子先生のサイン色紙、ブルガリアンローズ部門の大賞なら30万円もらえるらしい! 池田先生も審査にたずさわっているのだなぁと思うと、どんなイラストが選ばれるのか今から楽しみだ。

ちなみに作品は一人で両方の部門に応募しても、また複数枚の応募も可能だ。応募締切は7月7日までと、まだ日があるので、もう1枚くらい投稿しちゃおうかなぁ……。

参考リンク:香るブルガリアンローズコンテスト
執筆、絵:沢井メグ

▼というわけで、現在応募されている美麗すぎるベルばらイラストの一部をご紹介! オスカル様ぁぁぁぁぁ!!

▼ブルガリアンローズ擬人化部門もカワイイ!



▼テンションが上がってきたので描いて応募してみた! こうなった!!

▼擬人化ちゃんも描いてみた。バラじゃなくてガリになった

▼調子に乗って、白目バージョンも作るの巻

▼オスカルの「冬のオリオンを浮かべる瞳」は私には難しかったんや……
berubara-2d