img_9224

みんな大好きハンバーガー! みんな大好きマクドナルド!! そのマクドナルドが2013年6月24日(月)から、ドドーンと高価格ハンバーガーを発売するそうだ。

・めちゃめちゃ気合が入ってる
注目の新商品は、『クォーターパウンダー BLT』(520円~570円)と『クォーターパウンダー ハバネロトマト』(480円~520円)である! 500円オーバーのBLTはなんと日本マクドナルド史上最高価格!!うーん、これってめちゃめちゃ気合が入っているんじゃないですか!? 中途半端じゃ許さないんだからねっ。ということで、実際に食べてみた!

・『クォーターパウンダー BLT』
まずは国内で売り出したハンバーガーのなかで最高価格という「クォーターパウンダー BLT」だ。マクドナルドの100%ビーフパティ(ハンバーグ)に、ベーコン(B)、レタス(L)、トマト(T)、そしてチーズが入った実にオーソドックスなバーガーである。全く奇をてらったところはない。パティはいつものハンバーガーと同じ味。そこにフレッシュなレタスとトマトが加わっている。

・間違いのない確実な味
野菜の水分で全体の味がぼやけてしまいそうだが、それを引き締めてくれるのがベーコンだ。ベーコンの端はカリカリ、真ん中はしっかりとウマミをたくわえており、程よい塩分がキュっとハンバーガー全体をひきしめている。口のなかでふわっと香るスイートレモンソースもさわやかで夏らしい。これは間違いないBLT、まさに王道といった味だ。 

・『クォーターパウンダー ハバネロトマト』
『クォーターパウンダー BLT』が王道であるのに対し「異端児」と位置づけられている『クォーターパウンダー ハバネロトマト』。そんなに激辛なの? と、思いきや、一口目は意外とマイルド。肩透かしを食らった気分だ。だが、マイルドさのあとに急に辛さがやってきた! いや辛いというかピリピリする。辛味成分がダイレクトに舌に乗っているかのようだ。

・「激辛」ではない、万人受けする「ウマ辛」
しかし、その辛さ成分をトマト、タマネギ、レタスと野菜の水分と甘みが緩和。ハバネロソースに隠されているニンニクや香辛料のウマミを引き出し、食欲を刺激してくるぞ! ハバネロトマトは、異端というほどビックリする味ではなかった。しかし万人受けするウマ辛バーガーであると言える。

・美味しいけれど「グルメバーガー」ではない
今回、このハンバーガーが注目されたのはその価格だ。国内で販売されたバーガーのうち最高価格になるというBLTは単品で520円~570円、ハバネロでも480円~520円だ。(いずれも地域によって異なる)

値段の高いハンバーガーというと、いわゆる高級食材を使ったグルメバーガーを思い浮かべるが、BLTもハバネロも「グルメバーガー」ではない。パティにマクドナルドの100%ビーフパティが使用されているため、いつものマクドナルドの味がベースだ。あくまでマクドナルドの高価格帯バーガーなのである。

・渋谷の4店舗では6月23日までポテトとドリンクがついて500円で販売
全国発売は6月24日(月)からだが、マクドナルドの渋谷店、渋谷東映プラザ店、渋谷センター街店、渋谷丸井店の4店舗では20日(木)より23日(日)まで先行販売をしているぞ。しかもバーガーにMサイズのポテトとドリンクがついて500円とお買い得である。気になる人は行ってみてもいいかもしれない。

Report:沢井メグ

▼ 『クォーターパウンダー BLT』 (左)と 『クォーターパウンダー ハバネロトマト』(右)
img_9166
▼『クォーターパウンダー BLT』
blt (5)
blt
blt-4
blt-3
img_9224
▼端はカリカリ、中はジュンワリなベーコンがウマさのポイントだ
blt-1
blt8
▼『クォーターパウンダー ハバネロトマト』
habanero (4)
habanero
habanero (1)
habanero (5)
▼ハバネロソースたっぷり!
habanero-2
▼マイルドな味 → 辛さ → 野菜の甘み → ソースのウマミと三段階で美味しさがやってくる!
habanero7
img_9164
▼渋谷の4店舗では23日(日)までの限定でポテトとドリンクがついて500円で提供されているぞ
img_9241