まったく知らなかったぞ、ニトリが飲食業界に参入していたとは。2021年3月18日、ニトリの東京・足立区梅島店の敷地内に、『ニトリダイニング みんなのグリル』をオープンしていたのだ。

ニトリといえば「お、ねだん以上!」をコンセプトに家具・インテリアの販売を行っているが、はたして飲食店でもそのコンセプトは生かされているのだろうか? 気になったので、行ってみたぞ。

・「いきステ」の居抜き

その場所は以前「いきなり! ステーキ」の店舗があったらしい。近隣の人にとってはステーキ店のイメージが強いからだろうか、お店の前にはチキンステーキ500円の看板がデカデカと掲げられている。まるで「ここは牛ステーキの店ではありません」と主張しているかのようだ。


中に入ると、内装は “いきステ” の雰囲気を色濃く残している。元の店舗を居抜きで利用したというから、当然と言えば当然か。ちなみに4月27日には神奈川・相模原にも同じく居抜きで相模原店がオープンする予定だ。


・チキンステーキ推し

さて、メニューを見ると、とにかくチキンステーキを推している。トップに看板商品のチキンステーキ(税込500円)。そのほかにはハンバーグ(税込700円)とリブステーキ(税込990円)が並んでいる。


隣のページには、ハンバーグとチキンステーキのコンボ(税込900円)と、リブステーキとチキンステーキのコンボ(税込1200円)。


スペシャルメニューはラムステーキ(税込990円)。そして半身のロブスターとチキンステーキ(税込1490円)。またチキンステーキ! またしても、チキンステーキをくっつけて来やがった!! 何がなんでもチキンステーキ食わせる気か!?


「チキンステーキを食え」という強い意志を感じたので、私(佐藤)はリブステーキとチキンステーキのコンボを食べることにした。


ちなみにライスやサラダは別料金。通常、ライス・サラダ・スープバーをセットで頼むと税込350円。それぞれ単品バーを頼むことも可能だ。


ランチタイム(11~17時)の場合は、1回盛り切りでライス・サラダ・スープのセットが税込280円になっている。


なお、バーを利用する際は手指消毒を行った上、ビニール手袋を着用して、それぞれ利用することになる。感染対策も十分に取られているようだ。


・「お、ねだん以上!」かも

ライスやサラダを用意して待っていると、ジューッという胸躍る音と共にアツアツの鉄板が出てきた。牛肉来た! 鶏肉も来た!


「ニトリ」と「飲食」が頭の中で結び付かなかったけど、提供されたものを見ると、どことなく いきステの雰囲気を引き継いでいる印象を受ける。


食べると、味は可もなく不可もなくといった感じ。価格設定が低いので、その分、お得感を得られるかもしれない。たしかにこれは「お、ねだん以上!」と言っていいかも。廉価版いきなり! ステーキと言っても差支えないかもな。


メニューでやたら推していたチキンステーキは、脂身が少なくてさっぱりとした味だ。最近のヘルシー志向には合っているのではないだろうか。


ニトリの強みの1つは、全国に多数店舗を展開しているところだろう。それらのお店で飲食店を順次展開していけば、またたく間に「みんなのグリル」は広がっていくはず。はたしてこれからどうお店を広げていくのか。その動向が気になるところだ。


・今回訪問した店舗の情報

店名 ニトリダイニング みんなのグリル環七梅島店
住所 東京都足立区梅島2丁目31-26 ニトリ梅島ショッピングセンター別棟
時間 11:00~21:00

参考リンク:ニトリダイニング
執筆:佐藤英典
Photo:Rocketnews24