2020年7月21日から、サーティーワンが定額サービス「サーティワンサブスク」を開始している。7月21日スタートの5980円で31日間毎日レギュラーシングルサイズのアイスを1つ食べられるものと、8月4日スタートの359円で「Flavor of The Month」に指定されたアイスのレギュラーシングルサイズを毎月1つ食べられるものだ。

気になるのは、やはり前者だろう。毎日食べれば最大で6000円お得になるという。まあ、サーティワンのアイスは美味い。毎日食べ続けたいくらいの美味さはあると思う。とはいえ、ガチに31日間毎日食べるとなったら、苦行になりそうな気がしなくもない。実際その辺どうなんだ? ということで、本気で31日間毎日食べ続けてみることに。

・クレカ必須

本題に入る前に、先にサブスクの購入方法について軽く説明しておこう。まずは専用のHPにアクセスし、そこでアカウントを作成。アカウント作成後にログインして、希望のサブスクを選択(記事執筆時点ではまだ1つしかない)すればいい。


特に難しいことは無いが、一つ注意が必要な点を挙げるとすれば、クレジットカードが必須ということだろうか。まだ学生などでクレジットカードを持っていない場合は、残念ながら利用できない。

サーティワンの顧客層がどんなものか詳細は知らないが、でも中高生のヤングたちにも人気な感じはするし、この決済方法はいささか間口を狭めている気がしなくもない。話はそれるが、この機にクレカが無くて色々不自由を感じるヤングのためにちょっとした情報を提供しよう。


基本的に18歳未満ではクレジット機能(ざっくり言うと借金機能)付きの、ガチなクレジットカードは持てないと思うが、銀行口座に紐づけられたクレジット機能の無いデビットカードなら持てるはずだ。

デビットカードは自分の銀行口座に入っている分しか使えず、使ったらその分だけ口座から引き落とされる仕組み。クレジットカードのように借金につながる仕組みはほぼ無いため、審査も基本的に無い。ゆうちょのVisaデビットは12歳から作れるレベル。他社も15歳とか16歳とかからある。

日本では未だに自ら申請しないと入手できないところが多いが、海外では最初から銀行のキャッシュカードにデビット機能が付与されているくらい一般的だ。店頭ではクレジットカードと遜色(そんしょく)なく使えて便利である。Amazon等のネット通販でももちろん利用可能。詳しくはお父さんお母さんに聞いていただきたい。


・チャレンジ

話をサーティワンに戻そう。誤解の無いよう述べておくが、サブスクの仕組みとしては別に毎日食べる必要はない。31日間、毎日1つだけレギュラーシングルサイズを食べる権利が得られるというだけで、食べても食べなくてもいい。

レギュラーシングルサイズは400円なので、サブスクの値段を6000円(正確には5980円)で計算するなら、1カ月で15日間食べればプラスマイナスゼロ。ぶっちゃけ平日だけ食べるとかでも、それなりにお得になるはずだ。が、どうせなら毎日食べ続けて最大限に得をしたいというもの。

そのためには31日間、何があってもサーティワンにたどり着き、アイスを1つ食べねばならない。「さすがに31日間継続するのはキツいんじゃないか?」と思うのは、きっと筆者だけではないだろう。

しかし実際のところどうなのかというのは、やってみなければわからないものだ。三日坊主で早くも苦行と化す可能性がある反面、もしかしたら食べれば食べるほど虜(とりこ)になり、毎日どころか毎秒食べ続けないと情緒不安定になるくらいハマる可能性だってゼロではない。

まあサーティワン自身、このサブスクを「31日間毎日サーティワンチャレンジ」と名付けている……つまり、チャレンジとみなしているようだし、きっと何かしら困難が待ち受けているのだろう。その辺りの現実を、筆者が身を挺して明らかにしようというものである。

筆者がサブスクを購入したのは7月29日なので、有効期限は8月29日まで。もちろん29日のノルマは達成済みだ。



証拠兼記録として感想をインスタにアップしてある。有効期限が切れるまでは、こうしてその日の素直な感想を進捗として公開し続ける予定。そして最終日を迎えたところで、31日間サーティワンを食べ続けるのは実際にどんな感じだったのかをまとめてみようと考えている。

ちなみに初日の時点では全然余裕な気がしている。アイスはもちろんウマかったし、明日はどの味にしようかなどと考えたりしているレベルで割と楽しみ。今日の分もこれから食べに行こうと思っている。ちなみに筆者は継続が苦手だ。今までの人生で、何一つ継続したことが無い。サーティワンチャレンジの結末はいかに。

参照元:サーティワンサブスク
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.