もはやうどん……! それほどに太く、ガシガシした極太麺のそば屋がある。三ノ輪、奥浅草などで店舗を展開する『角萬』、人呼んで「そば界の二郎」だ。

そんな『角萬』のそばを思わせるコシある太麺の店を「インスパイア」と紹介してきたが、また1つ、太麺そば界に輝く星が上ったためお伝えしたい。なんと、名店『一〇そば』も特注極太麺を開始していたのである! キマシタワー!!

・名店も太麺参戦

JR山手線駒込駅近くに佇む『一〇そば』。大陸のようなジャンボとり天が特徴で、激ウマ高コスパな立ち食いそばの名店であることは以前の記事でお伝えした通りである。そんな名店の店頭に、あるポップが貼りだされていた。そこにはこう書かれている。

特注麺使用お客様リクエスト品「太蕎麦(270円)」と


キ・マ・シ・タ・ワー! 『一〇そば』も太麺キマシタワー!! 通常のそばが220円なので50円で太蕎麦に変更可能ということになる。

ところで、私(中澤)は、このポップには見覚えがあった。そう、先日お伝えした日暮里『一由そば』のポップと同じなのである。

・一由そばの流れ

名前からも想像がつくと思うが、『一〇そば』は『一由そば』ののれん分けだ。というわけで、この太蕎麦も同じものであることは想像に難くない。つまり……


ガシガシした食べごたえ


モチッとした食感!!

いや~ホントウマイわ。お客様リクエスト品とのことだが、よくぞリクエストしてくれたよ。そのお客様にもお礼を言いたい気分である。ありがとうございます


・立ち食いそば界の至宝

そんな麺は甘みとコクのある濃厚なつゆと非常によくマッチしていた。丼ぶりに横たわるようなとり天も相変わらずサクッとしていて中の鶏肉がボリューミーで激ウマ。この鶏天を乗せても税込410円なのがマジで良心的だ

正直、『一〇そば』に来るたびに駒込に住みたくなる。それほどに通いたくなる名店であるこの店。個人的には「立ち食いそば界の至宝」と言ってしまっても過言ではないと思う。太麺に注目している人もこの機会に行ってみてくれ。

・今回紹介した店舗の情報

店名 一〇そば
住所 東京都豊島区駒込3-3-14
営業時間 月~金5:30~22:30 / 土5:30~20:00 / 日5:30~18:00
定休日 年始・お盆のみ休

Report:立ち食いそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.

▼とり天を食べるとつゆがじゅわっ……!