暑いっ……! 暑すぎる!!


じめじめとした湿気と熱気のダブルパンチにノックアウト寸前だ。Tシャツですら着てられない! というわけで、ヌーディストビーチに行ってみた。ヒャッホー! 人類に服なんて必要ねェ!!

やって来たのはイギリスのブライトンだ。海沿いに遊園地やホテルが立ち並ぶイギリス有数の海浜リゾートである。そんな街の名を冠するブライトンビーチに行ってみると、広大なビーチに小石が積み重ねられた小高い山で区切られた場所を発見。


ナチュリストビーチ来た……!

ここが伝説のヌーディストビーチ!! こんな風に普通のビーチと区分けされているとは知らなかったが、考えてみればヌーディストは露出狂というわけではないので当然かもしれない。さすがイギリス、紳士的である。

それはさて置き、この壁から先に楽園が! はやる心を抑えつつ一歩一歩踏みしめる。そして、ついに山の頂上に到達。眼前に広がった浜辺には……


誰もいねェェェエエエ!!!!


それもそのはず、この日のブライトンは台風なみに風が強く、海が猛烈に荒れていたのである。歩いていると飛ばされるんじゃないかと思うレベル。爆発する波しぶきはまるで日本海のようだ

なお、UBERの運転手いわく、「ここ1週間は凄く穏やかだったのに、この2日くらいの風は異常」とのこと。なんてこった……。

とは言え、私の目的は服の呪縛から解き放たれることである。人がいるとかいないとか、海が荒れているとかはマクロな視点で見ると全く関係ない

むしろこの状況は私のヌーディストとしての心意気が試されていると言えるのではないか? 「本物のヌーディストかどうか」を見極めるためにヌーディス神が与えた試練なのではないか? ならば見るがいい私の生き様を


これが俺のヌーディス道じゃーーーーーい



寒ッ!!!!!!!


<完>


Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

▼風強ッ!

▼看板の裏側はナチュリストに向けての文言が書かれている

▼広大なビーチ

▼ビーチの入り口の看板には「nudist beach」の文字

▼夜の海沿いも美しい

▼「芸術の街」と言われるブライトン。ストリートアートもスゴイ

▼ちなみに、ブライトンにはステーションピアノがある

View this post on Instagram

ステーションピアノの扱い雑ゥ!!

A post shared by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on