自動車技術の進歩は、まだまだとどまることを知らないようだ。というのも、つい先日、超高級スポーツカー「ブガッティ・シロン」が、時速400kmに加速してから停止するまでのタイムで、世界最速記録を達成したことをお伝えしたばかりだが……。

2017年10月1日、スウェーデンのスポーツカーブランド『ケーニグセグ』のマシンが記録を塗り替えたという。それでは、さっそく記録更新時の走りを動画で確認してみよう。

・記録を更新したマシンは「ケーニグセグ アゲーラ RS」

ケーニグセグの公式 YouTube チャンネルで公開されている動画のタイトルは「Koenigsegg Agera RS 0-400-0」だ。序盤で登場するのは、同社のマシン「ケーニグセグ アゲーラ RS」。そしてサングラスをかけたスキンヘッドの男性である。

実はこの男性こそ、ケーニグセグの創業者、クリスチャン・フォン・ケーニグセグ氏なのだ。その後、ドライバーのニクラス・リリアやメカニックが映し出され、タイムアタックがスタートする。

・5秒以上も記録を短縮

その様子を確認すると、「ケーニグセグ アゲーラ RS」はグングンスピードを上げていき、たった26秒88で時速400kmに到達。さらにそこから9秒56で停止して……合計タイムは36秒44!! ブガッティ・シロンの41秒96よりも、5秒以上も早いタイムで世界最速記録を更新したのである!

スピードもさることながら、見逃せないのは驚くほど安定した走りだ。それもそのはず、この「ケーニグセグ アゲーラ RS」は、走行性能を徹底的に追求してハンドメイドで生産された、世界限定25台の超高級スポーツカー。新車価格は1億5000万円を優に超えるという。

このままいくと、いったい自動車はどこまで速くなるのだろうか……動画を見ているとそう思わずにはいられない。ぜひ、超高級激レアマシンの実力を、ご自身の目でご覧になってみてはいかがだろうか。

参照元:YouTube、Koenigsegg「Agera RS」
執筆:K.ナガハシ

▼タイムアタックの様子は2:00あたりから
https://youtu.be/R1g07RpTPFE