2017年6月上野動物園のジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生した。公募により、その名前が「シャンシャン(香香)」に決定したそうだ。動物園の新たな人気者として、今後注目を浴びることになりそうである。

そんななか、動物園近くのアメ横では、すでにシャンシャン誕生を祝う貼り紙がさまざまなお店に掲げられている。もっとも早いところでは、シャンシャンの名前が記された商品を、すでに店頭に並べているじゃないか! 昨日(2017年9月25日)名前が発表されたばかりなのに、もう商品パッケージを用意したのか!? いくら何でも仕事早すぎだろ!

・さっそく街中に貼り紙

赤ちゃんパンダの名前を決めるにあたって、全国から32万件もの応募があったそうだ。これは、1986年の「トントン」の27万件を超え、過去最多なのだとか。

この人気ぶりを考えれば、今後アメ横に “パンダ景気” が訪れるに違いない。そう思って、さっそく現地に行ってみると……パンダの誕生と命名を祝う貼り紙が、すでにそこら中に掲げられているじゃないか。

魚屋・八百屋・乾物屋・コーヒー店・加工食品店など。そして、食品関連のお店だけではなく……。

雑貨屋・化粧品店・ゴルフ用品店・靴屋・洋服店などなど。もっとも驚いたのは、軍モノの衣料品を扱う中田商店にまで、貼り紙があることだ。これはすでにちょっとしたお祭り騒ぎと言っていいだろう。

でも、さすがにまだ、シャンシャンの名前にあやかった商品はないだろうと思ったら……。


かつお節や昆布などの「だし」を扱うお店「伊勢音」にあった!

パンダ椎茸という商品のパッケージに『シャンシャン』と書いてある!! まさか、事前に準備したのか? お店の人に「商売上手ですね」と言うと、驚きの答えが返ってきた。

お店の人 「15分で作りましたよ」

恐れ入った。そんな早さで作ってしまうとは……。それにしても、商魂たくましい。「この機を逃すな!」という心の声が聞こえてきそうだ。

参照元:NHKニュース
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

昨日名前発表なのに、もうパッケージ化してる。商魂たくましすぎるだろ

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on

▼販売商品に関係なく、そこら中に「シャンシャン」の誕生を祝う貼り紙