ロケットニュース24

「ミラノ風ドリアを下さい」とイタリアのレストランで言ったら “サイゼリヤのアレ” とは全く違うものが出てきた

外国など慣れない場所へ行くと、人は何かと失敗をしてしまうものです。軽いものから思い出したくもない大失敗まで様々ですが、自分で「とんでもないミスをしちまった!」と気づいているのはまだマシな失敗であり、気づかないうちにやらかしているエラーの方が、本当は最悪な失敗なのかもしれません。

それはさておき、今回は私が外国でやってしまった数多い失敗の1つを紹介したいと思います。何をしたのかと言うと……あろうことか、イタリア・ミラノのレストランで「ミラノ風ドリアを下さい」と言ってしまったのです。

・ミラノにミラノ風ドリアは無い

それがいかに無茶な注文なのかは、本サイトをよくご覧になっている方は、おわかりかと思います。以前の記事でも取り上げた通り、イタリアのミラノに『ミラノ風ドリア』は無く、そもそもドリアは日本発祥の料理なのです。

でも、そのことを私はイタリアに行くまで全く知りませんでした。先述の記事で、「100人いたら1人くらいは知らない人がいるかもしれません」と書きましたが、実はその1 / 100が私だったのです。 ……デヘッ(^-^) 

そんな私は、ミラノを訪れた際に「現地でミラノ風ドリアを注文したら、サイゼリヤのアレと同じものが出てくるのかな? 確かめてみよう」と、致命的な勘違いをしたままレストランへ向かってしまいました。そして……

・ミラノ風ドリアを注文

:「ミラノ風ドリア(Doria alla Milanese)はありますか?」
店員さん:「何!?」
:(発音が悪すぎて通じてないと思い、メモに書いて見せる)
店員さん:(さらに困惑した表情)
:「あの、ライスの上にホワイトソースとかチーズとかミートソースがかかっている料理で、ミラノ風の……」
店員さん:「ミラノ風リゾット(Risotto alla Milanese)じゃないのかな?」
:「リゾット? いや、ドリアなんですが……」
店員さん:「ライスが使われているミラノ風の料理はミラノ風リゾットだよ。それしかないよ!」
:「いや、ドリアなんだけどな……」
店員さん:「OK、OK、あなたが言っているライスが使われたミラノ風の料理を持ってきてあげるから。他には?」

──このように、会話が全くスイングしないまま運ばれてきたのは、やっぱりミラノ風のリゾット。どう見てもサイゼリヤのミラノ風ドリアとは違います。共通点は、お米が黄色いところだけでしょうか。

とりあえず食べてみたところ……チーズが程よく効いた繊細かつ上品な味で、文句なしに美味しかったのですが、「アレと違うんだけどな……」という感情は拭えません。

・ミラノ風リゾットはミラノの名物

ドリアと言ったのにリゾットが運ばれてきた理由……後で分かったことですが、それは先述の通り『ミラノ風ドリア』がそもそもミラノに無いこと。加えて、『ミラノ風リゾット』がミラノの名物の1つだからです。

なので、店員さんは「オー、このジャポネーゼは、リゾットと何か別の料理とを勘違いしているよ」と判断して、ミラノ風リゾットを持ってきてくれたのですね。

・サイゼリヤに「なぜ “ミラノ風” なのか?」直接聞いてみた

それでは、一体なぜミラノに『ミラノ風ドリア』が無いのに、サイゼリヤは “ミラノ風” なんてネーミングの商品を販売しているのでしょうか? 気になるので、サイゼリヤに直接電話で問い合わせてみると……

:「お忙しいところすみません。御社の看板メニューの1つであるミラノ風ドリアについてお聞きしたいのですが……」
相手:「はい」
:「ミラノ風ドリアはミラノには無く、実際にあるミラノ風の米料理はリゾットかと思うのですが、どうして “ドリア” に “ミラノ風” が付いているのでしょうか? 」
相手:「イメージです」
:「イメージ?」
相手:「ミラノ風ドリアはターメリックライスが使われており、ミラノ風リゾットと同じくお米が黄色いこともあって、そういったイメージから、ミラノ風ドリアとなっております」

……なるほど、お米が黄色いのは、確かに本場のミラノ風リゾットとの共通点です。でも、だからと言ってドリアに “ミラノ風” を付けるのは、ちょっと強引なような……という気がしないでもなかったのですが、ネーミングの理由が「イメージ」であることは分かりました。つまり「あまり深く考えるな」ということでしょう。

・まとめ

そんなわけで、まとめると『ミラノ風ドリア』の “ミラノ風” は、店側のイメージであり、実際に『ミラノ風ドリア』はミラノにはありません。

にもかかわらず、現地のレストランで「ミラノ風ドリアを下さい」なんて言ってしまった場合、もし相手が親切な店員さんなら「あ、この日本人、何か勘違いしている(察し)」という感じで、ミラノ風リゾットを持って来てくれる……こともあります。

──以上です。

特に、イタリアへ行く予定がある人は、気まずい思いをしないためにも覚えておきましょうね。

Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

▼ミラノで「ミラノ風ドリア下さい」と言うと……出てきたのはミラノ風リゾット。ちなみに、訪れた店での価格は8ユーロ(約1070円)

▼ほんのりと効いたチーズが絶妙で味は美味しいのだが……

▼やっぱり、サイゼリヤのアレとは全然違う!