2013-05-23_230403
英語の歌を歌う日本人も多い。アニメや漫画、最近ではボーカロイドなどの影響で多くの外国人が日本語の歌にもチャレンジしている。

今、ネット上で日本語で歌を歌うロシアの美少女バンドが注目されている。彼女らは一言も日本語が話せないという。しかし、Youtubeで披露した『ナルト』の主題歌『ブルーバード』のカバーにロシア人も日本人も度肝を抜かれた! 日本語が話せない外国人が歌ったとは思えないほど流暢で熱のこもった歌に鳥肌が立つほどだと話題になっているのだ。

アニメ『ナルト』の主題歌『ブルーバード』をカバーしたのはロシアのガールズバンド「Pudra(POWDER)」だ。メンバーは、ベースの “ゲーリャ”、ギターの “ラーチャ”、ドラムの “ベラ”、キーボードの “コーチャ” の4人。動画を見る限りラーチャとゲーリャがリードボーカルをつとめることが多いようだ。ちなみに年齢は13~17歳だという。

4人とも日本語は話せないというが、歌っている動画を見てみると……メチャクチャうまいやん!! 発音もキレイどころか完璧! アレンジもきき感情がこめられた歌声は、目を閉じて聞くと日本語が話せない人が歌っているとは全くわからないぞ。

ネットユーザーからは

「クール!!」
「すごい! うまい!!」
「日本に見せても恥ずかしくないレベル」
「コスチュームもパフォーマンスも可愛い」
「頑張って!! 応援してます!」

という声や、「この曲をやってほしい!」というリクエストもたくさん届いているようだ。

なかなか全てのリクエストに応えることはできないようだが、『ブルーバード』のほかにも美空ひばりさんの『真赤な太陽』やきゃりーぱみゅぱみゅさんの『ファッションモンスター』をカバーしている。特に『真赤な太陽』はアレンジとこぶしがきいていて心地いい。何度でも聞きたいぐらいだ。

日本語の歌の上手さもさながら、歌って踊ってはしゃいでと、とってもキュートな4人。はしゃぐ姿がまたとても可愛い。いつの日か、日本に来て歌を披露してほしいぞ!!

参照元:YouTubePudra公式サイト(ロシア語)
執筆:沢井メグ

▼『ブルーバード』

▼『真赤な太陽』

▼『ファッションモンスター』

▼ビートルズの『ツイスト・アンド・シャウト』

▼こちらはロシア語の歌だ