gunkan34

日本で最初の高層鉄筋アパートが立った場所をご存じでしょうか。それは長崎県の端島(はしま)です。「軍艦島」と呼べばお分かりになる方も多いかもしれません。

歴史的な廃墟として知られるこの島、現在は観光ルートが設けられています。ロケットニュース24取材班は、一般では立ち入ることのできないエリアに足を踏み入れることに成功しました。朽ち果てていく途上にある高層アパート群は、「圧巻」の一言に尽きます。

・島の表の顔、裏の顔
島は建物の老朽化が著しく進んでおり、約40年間立入禁止とされていました。2008年に長崎市が条例を制定し、見学道路が整備されたことを受け、一部エリアの上陸が可能になっています。現在島の南にはコンクリート舗装の見学ルートが設けられており、比較的安全に通行することができます。これが島の表の顔です。裏の顔は通常立ち入りが禁止されているエリア。立入禁止エリアは以前と変わらず、荒れ果てた状態です。

・RCヘリで空撮に挑戦
2013年3月某日、ソニーはこの島の空撮することに挑みました。ラジコンヘリコプターにデジタルHDビデオカメラレコーダー「HDR-AS15」を搭載し、島の様子を撮影したのです。当編集部取材班は、その撮影に同行し、島の内部に入ることができたのです。

・清々しいほどの荒廃
島はもともと草木のない小さな瀬だったそうです。6回にわたって埋め立てを繰り返し、護岸工事をして今の島の形になったとのこと。いわば人工の島。それが40年の歳月を経て、窓という窓はすべて打ち破られ、ベランダやテラスは根こそぎ崩れ落ち、ところによってはコンクリートから鉄筋がむき出しになり、さらにその鉄筋も錆びついて反り返っています。この島の荒れ果てた様相は凄まじく、清々しくさえ感じます。

・あらゆる情緒が嘘のように感じる
最盛期、この島には約40の建造物が存在しました。そのすべてが長年の風雨で見るも無残に朽ち果てていき、今では建物の体(てい)をなしていないものも少なくありません。それらを見ていると、「寂しい」とか「悲しい」とかそんな情緒的な感情が嘘のように感じられます。もっと圧倒的な何か、言葉では言い尽くせないほどの何かが、ずっしりと胸にのしかかってくるようです。

・貴重な映像資料
残念なことに、島が今と同じ状況をこの先どれだけ維持できるのか不明です。日一日と荒廃が進み、いつどこの建物が崩れ落ちてもおかしくないでしょう。したがって、今の形を未来に正確に伝えるものは映像だけです。今回のソニーの空撮映像も貴重な資料になることでしょう。世界遺産登録が実現し、後世までこの島が存続することを願います。

Photo:Rocketnews24
参照元:ソニー アクションカム
[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]


▼ 日の出前、軍艦島へ向かう船「軍艦島コンシェルジュ」gunkan1

▼ 撮影チームは船内で朝食をとるgunkan2

▼ 港から約40分で軍艦島に到着gunkan3

▼ 端島小中学校の一階が撮影拠点gunkan4

▼ 日の出までの間、急ピッチで準備が進められるgunkan5

gunkan6

▼ これがソニー アクションカム「HDR-AS15」を搭載したマルチコプターgunkan7

▼ 損壊の激しい建物。凄まじい光景に言葉を失うgunkan8

gunkan9

▼ 上陸して約一時間、ようやく日の出を迎えるgunkan10

▼ 足元には踏み場もないほどの瓦礫がgunkan11

▼ 居住地域65号館。1~4階部分はベランダが崩れ落ちているgunkan12

▼ そして撮影スタート。熟練したラジコン操縦士がマルチコプターを操るgunkan13

▼ 途中何度もヘリのバッテリーを交換しながら、最初の撮影終了gunkan14

▼ 次は小中学校の下にできた水たまりgunkan15

▼ カメラにウォータープルーフケースを装着して、水中撮影gunkan16

gunkan17

▼ 次は神社跡地へgunkan18

▼ 拝殿は朽ち果てて、祠だけが残っているgunkan19

gunkan20

▼ ここから島の全貌を撮影gunkan21

▼ アパートの内部はいたみが激しく、一歩踏み間違えると畳が抜けて階下に落ちる可能性もgunkan22

▼ 水が引いた小中学校下gunkan23

▼ ここもアクションカムで撮影gunkan24

▼ そう遠くない未来に、小中学校の基礎は倒壊するかもしれないgunkan25

▼ 島の西部に位置する製缶工場跡gunkan26

▼ 島でもっとも高い3号館屋上gunkan27

▼ 片方の塀は崩れ落ち、床には亀裂が。危険極まりない場所gunkan28

gunkan29

▼ 下はまさしく奈落の底のようgunkan30

▼ 最後のカットも滞りなく終わり、撮影終了gunkan33

▼ 日の出前の上陸では気づかなかったが、島を離れて見ると「軍艦島」と呼ばれた理由がわかるgunkan34

▼ 夕日が撮影チームを見送っているようだったgunkan35


[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]